2015年12月6日、『行列のできる法律相談所』では『2015年、今年の顔が大集合!人気者のリアルな悩み発表します!』SPと題してメダリストから転身してから上半期だけで94もの番組に出演した柔道家・篠原信一さんが出演されました。

篠原信一5

出典:http://as-around.com/

4人の子どもを持ち、嫁の幸世さんが篠原信一さんの為に会社を設立。娘の海帆ちゃんには嫌われたくないため、とても優しいそうです。ジュリー制度のきっかけになったシドニーオリンピックでの誤審問題で惜しくも銀メダルだった篠原信一さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?篠原信一のプロフィール

篠原信一6

出典:http://as-around.com/

本名:篠原 信一(しのはら しんいち)
生年月日:1973年1月23日
出生地:青森県東津軽郡平内町
出身地:兵庫県神戸市長田区
出身高校:育英高等学校
最終学歴:天理大学体育学部
血液型:B型
身長:190cm(現役時代)
体重:135kg(現役時代)
階級:男子100㎏超級、無差別級
段位:6段
得意技:大外刈り
事務所:エース・アラウンド(業務提携)

【獲得メダル】

オリンピック

銀 2000年 シドニー 100kg超級

世界柔道選手権

銅 1995年 千葉 無差別級
銀 1997年 パリ 95kg超級
金 1999年 バーミンガム 100kg超級
金 1999年 バーミンガム 無差別級
銅 2001年 ミュンヘン 100kg超級

アジア大会

金 1998年 バンコク 100kg超級

アジア柔道選手権

金 1995年 ニューデリー 95kg超級
金 1995年 ニューデリー 無差別級

【受賞】

1999年度JOCスポーツ賞最優秀賞

世界クラスの柔道家としては非常に遅いそうですが、雲雀丘中学1年の時に体格の良さを買われて柔道を始めたのですが、遊びたい盛りでもあり、毎日辞めることばかり考えていて、実際に練習もしょっちゅうサボっていたそうです。

「中学を卒業したら働いて、車でも買って遊ぼう」と考えていたものの、中学3年の時に神戸市の大会で3位になったがきっかけで県内の強豪校である育英高校に進むことになりました。

育英高等学校に入学してからの高校時代は柔道部を辞めたいと思いながらも、監督の有井克己さんが怖くて辞めることができず、実際に、よく殴られたりもしたそうです。

2年の高校選手権の個人戦では初戦で敗れましたが、団体戦では5位でした。年の時にはインターハイ重量級に出場しましたが、決勝トーナメント2回戦で大阪工大付属高の吉野賢治さんに技ありで敗れました。

1991年、有井克己さんと大学時代に同期だった元世界チャンピオンの正木嘉美さんがいる天理大学体育学部へ進学しました。1年の新人体重別95kg超級では5位にとどまったものの、強化選手に選ばれ、強化合宿では世界チャンピオンであるJRAの小川直也さんの稽古相手を務めています。
※小川直也:元柔道選手(五段)、バルセロナオリンピック銀メダリスト

野村忠宏は天理大学の後輩であり、普段から冗談を飛ばし合うほど仲が良いそうです。

2年の全日本学生柔道優勝大会では3位。全日本ジュニア柔道体重別選手権大会では決勝で大学の1年後輩である真喜志慶治さんに横四方固で敗れたものの、「荒削りで稚拙な面も多いが、技に秘めたパワーと、常に前に出るその姿勢は今後を楽しみにさせる逸材」と評価されました。

3年の時には正力杯※0の初戦で東海大学1年の上水研一朗に判定で敗れましたが、無差別で争われる全日本学生選手権では決勝で近畿大学3年の武村雄太さんを大外刈で破り全国大会で初優勝を飾りました。
※この時には畳の上でサッカーの三浦和良のカズダンスを真似た篠ダンスなるものを披露したが、周囲の指導者から注意されて、それ以降は封印
※0 正力杯とは、正力松太郎杯国際学生柔道大会の略。この大会の参加資格は大学の学籍を有し、大会開催時に17歳以上28歳未満であること。1998年を最後に大会の幕が閉じました

大学生の時に才能が開花し、外国人に負けない体格と技術、パワーによって多くの大会を制覇しました。

1995年、天理大学卒業後は旭化成に入社。

1996年、男子柔道60kg以下級の選手として、アトランタオリンピックで後輩の野村忠宏さん(当時大学4年)が優勝し、金メダルを獲得したことで篠原信一さんの闘争心に火が付いたそうです。

シドニーオリンピック100kg超級にて銀メダルを獲得後、2001年から天理大学体育学部専任講師 兼 同大学柔道部監督を務めました。2003年に現役を引退しました。

2007年に同准教授に昇格し、2008年11月4日には、北京オリンピックで金メダル2個を獲得して五輪後に勇退した斉藤仁の後任としてから2012年11月まで柔道日本男子代表監督を歴任してから2013年3月末で天理大学を退職。

天理大学時代からの愛弟子である穴井隆将さんや西山大希さん、森下純平さん、上川大樹さんなどをマンツーマン指導により強豪選手へ育て上げ、2010年世界選手権ではその新鋭たちの活躍により日本男子の獲得メダル数は過去最大という結果を残しました。

しかし、2012年のロンドン五輪で男子は史上初の金メダルゼロという不名誉な結果に終わり、責任を取るかたちで2012年11月に代表監督を退きました。

大学を辞めた理由は柔道界の不祥事は無関係で元々柔道指導者は柄に合っていないと考えていた事や40歳になった事をきっかけに妻を代表取締役とする産業廃棄物処理会社で一般廃棄物、医療廃棄物、産業廃棄物及びリサイクル物処理業務関連の仕事に取り組むことにしたからだそうです。
※役職は専務だそうです

2014年から芸能事務所と業務提携を結び、バラエティー番組にも頻りに出演するようにもなり「(テレビに)出させて貰うことでテレビの裏側が分かり、いろいろと勉強になる。すごく新鮮です」と明かしています。

2015年8月7日、「花慶の日」記念「ベスト傾奇(かぶき)ニスト2015」授賞。イベントでは、矢口真里さんが経験したことがないという“壁ドン”を実践するパフォーマンスで壁をぶち破る予定がうまくいかず3度目の正直で無事に成功し会場からは拍手は沸き起こったそうです。

意外にもラジオ番組への出演依頼はスポーツラジオ番組も含めいっさいなかったのですが、2015年10月24日にニッポン放送のアッコのいいかげんに1000回でラジオ初出演を果たしました。

(2015年10月時点)

 

誤審問題とは?先端巨大症の噂の真相は?娘・海帆ちゃんと嫁・幸世さんには頭が上がらない?