2015年9月10日に放送された『あのニュースで得する人、損する人』では日本一疑り深い男・坂上忍さんの「あのお役立ちテクって得ワザ!?損ワザ!?」に余った冷ごはんを使えば5分間で簡単にホワイトソースが作れるという方法が紹介されました。

冷やごはんの達人・武田真由美さん

冷やごはんの達人・武田真由美さんが紹介したホワイトソースの作り方をすれば簡単に作ることができる方法とその理由を当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

【簡易版】・武田真由美のプロフィール

武田真由美

出典:http://www.rakuten.ne.jp/

本名:武田真由美さ
資格:フードコーディネーター、食生活アドバイザー、食育インストラクター、ファイナンシャルプランナー
備考:既婚者

徳島県在住の夫と2人暮らし。著書の「食費1か月1万円生活。」「超(スーパー)食費1か月1万円生活。」(主婦と生活社)好評発売中(主婦と生活社刊)や1日約3万アクセスを集めるブログ「真由美さんの1週間2,500円節約レシピ」など、節約料理というジャンルにおいて人気を博し、ダイエットレシピ・メタボ対策レシピなどの講座や現在は節約アドバイザーとして、雑誌やTV、イベントなど多方面で活躍しています。

一般的なホワイトソースの作り方

バターを溶かす
小麦粉を入れる
(少しずつ)牛乳でのばす

一般的なホワイトソースは、地道な作業をで最低でも10分以上は掛かってしまいます。

よくある失敗①
バターを溶かす時の火加減(焦がしてしまうと黒いホワイトソースになり苦くなり美味しくない)

よくある失敗②
牛乳の加え方(入れすぎたりするとダマになってしまう原因になります)

冷やごはんの達人・武田真由美さん曰く、「冷やごはんを使った方法であれば失敗が少なく、簡単で余り者が全部使い切れる」のだそうです。

 

<作り方・材料>

冷やごはんの達人・武田真由美さん3

鍋に冷やごはん(200g)、牛乳(400cc)を入れて煮立たせる
※冷やごはん:牛乳=1:2の割合で冷やごはん(200g)でグラタン2人前の量ぐらいだそうです

ごはんがしっとりしてきたら、火を止めあら熱をとる

ミキサーですりつぶして塩コショウで味を調えれば完成

バターが必要ない理由は?

通常バターを入れる理由は、コクを出すためです。冷やごはんにはでんぷんが含まれているため、そのでんぷんでコクが十分に出ます。
バターも高騰している為、この方法はおすすめできると思います。

【使用用途】

グラタン、かにクリームコロッケ、ドリアなど、どのホワイトソース料理にも応用可能です。

冷やごはんの達人・武田真由美さん4

【アレンジレシピ】

ホワイトソースにホットケーキミックスを加えて揚げればドーナツが作れるそうです。お米のモチモチ感もあり、あの人気店の●●デリングのような食感が楽しめるそうです。

【坂上ジャッジ】

坂上忍さんの評価では得ワザでした!得の理由は・・・
「牛乳ごはんという感じは無く、ホワイトソースになっているから」

冷やごはんだけでも他に利用方法の紹介もされていましたので紹介したいと思います。お好み焼きのつなぎとして使用したり、フルーツポンチの白玉のかわりにも冷やごはんを使用するのもいいようです。

冷やごはんの達人・武田真由美さん1 冷やごはんの達人・武田真由美さん2

いかがでしたでしょうか、試してみてはどうでしょう?