2017年6月20日、関西テレビ制作・フジテレビ系列『セブンルール』ではYouTubeで当時としては異例の1000万回再生の突破で「コールの女王」、「盛り上げ女王」と呼ばれた下田美咲さんが出演です。

下田美咲(コールの女王)1

出典:https://www.instagram.com/shimodamisaki815/

2016年11月1日に友達期間3ヵ月、交際0日で結婚して今現在は妊娠中でエッセイストの前は元ニートでしたが学生時代は優等生だった下田美咲さんと元ホストの旦那(夫)について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

下田美咲の旦那(夫)は1歳年下の元ホストだった!?馴れ初めは?

2016年11月1日に結婚したことを明かした
下田美咲さんですが、結婚した男性は
1歳年下で胸が大好きな元ホストだそうです。

下田美咲さんは、子供の頃は結婚とは
縁がないと思っていたそうです。

幼稚園児(5歳の頃)の時、遠足で山道を
歩いている時に夢について友人が
お嫁さんにあると会話されて

「結婚なんて人生の墓場」

と返答していたことを明かしています。

5歳児で結婚=墓場という考えを
持っていたのは母親に

結婚しない方が良い
孫の顔とか興味ない

というニュアンスを聞かされて
いたからでした。

しかし、月日が経ち・・・。

中学生の頃に下田美咲さんはの
中で結婚=墓場という考え方を
覆せないのかと思うようになり

家族以外の結婚生活を覗いて
成功例のようなものを見れば
考え方が変わると思って友人を
捕まえて家に入り浸っていたそうです。

結果は、結婚=墓場のイメージを
覆すことができず結婚という仕組み
には無理があるという答えに
辿り着いたそうです。

そして、さらに月日が経ち・・・。

20代の後半にさしかかる前から
結婚願望が再熱したそうです。

結婚願望が再熱したきっかけは
単純でした。

今まで興味があることを体験して
残ったのが結婚と出産をして
いなかったからでした。

誰とでも結婚・出産しようと
考えていたわけではなく
面白い結婚式ができそうな人と
結婚をしようと婚活を始めました。

結婚後の生活に関しては
それ程重点には置いておらず
最終的に性格が合わなければ
離婚すればいいと思っていました。

25歳が終わりに近づいた頃には結婚相手は
絞れてきていたようで、年末ぐらいに
逆プロポーズをしようと考えていました。

2015年7月、ホスト雑誌の連載をしていた
下田美咲さんは、編集部との打ち合わせを兼ねて
ホストクラブで飲んだ時に隣に座った
ホストが現在の旦那(夫)さんでした。

その後は2人で遊ぶようになり
過ごし一夜が衝撃的で再確認しようと
何度も会っていく内に2ヶ月が経過。

下田美咲さんは旦那(夫)さんのことが
かなり好きになっていたそうです。

下田美咲さん自身の人生設計では
年末までに結婚相手を決めて
2017年には結婚というプランの中で
旦那(夫)さん以外と結婚してしまうと
会えなくなる・・・。

と考えながらも旦那(夫)さんとは
食事をするとかデートはせずに
一夜を過ごすだけでした。

下田美咲さんは旦那さんは恐らく
結婚も結婚式とかはする気はない
人だと勝手に思い込んでいましたが
結婚式はできなくてもいいから結婚を
したいと強く思うようになっていました。

そして旦那(夫)さんと出会って3ヶ月目の時に
旦那(夫)さんの方からプロポーズされました。

旦那(夫)「俺のこと、どれくらい好き?」

下田美咲「え、どれくらい・・・? すごく・・・」

旦那(夫)「何それ 表現力乏しい」

下田美咲「そう言われても、どれくらいって・・・じゃあ私のこと どれくらい好きなの?」

旦那(夫)「俺は 一日中 美咲ちゃんのことしか考えてない 好き」

下田美咲「そういう好きの表し方があるんだね わかる 私もそうだよ」

旦那(夫)「俺 かなり好きな子じゃないと触りたくないっていうか 手とか口が汚れるの嫌だから触るの無理なんだけど 美咲ちゃんに関しては 全部舐められるし なんなら食べたい 腕切って食いたいくらい好き 結婚したいくらい好き」

下田美咲「・・・・・・」

旦那(夫)「俺ばっかり好きだね・・・」

下田美咲「あ いや 私も結婚するとしたら●君としたいと思ってたし ●君のこと結婚したいくらい好きなんだよねー って友達に話してたりしてたよ!」
※当時は旦那(夫)の本名を知らず源氏名で呼んでいたそうです

旦那(夫)「それ本当?」

下田美咲「うん 結婚したいくらい好き!」

旦那(夫)「やったー!! いつする?」

下田美咲「え?」

旦那(夫)「いい夫婦の日?」

下田美咲「え?それって来月?」

旦那(夫)「早い?」

下田美咲「ちょっと待って 親の許可とかあるから」

旦那(夫)「そうか・・・ っていうか 結婚ってどうやってするんだろう 俺ちょっと親にきくよ」

と、言って朝の7時頃に親に電話をした旦那(夫)さんは、何か怒られている様子があったが、電話が終わってすぐに

旦那(夫)「いろいろ要調整だけど 後で実家行って説得して・・・結婚できる日まで 俺と付き合ってください」

下田美咲「はい(笑)」

という流れで結婚をすることになったそうです。

と、話はここで終わるはずですが・・・。

下田美咲さんは、結婚することをマイナスに
ならないようにという考えで両親や
仕事スタッフからも応援された上で

結婚を賛同してもらいたいという理由から
旦那(夫)さんとの結婚を企画として出版する
ために企画書を作成する許可を得ました。

下田美咲さんは、プロポーズをされた
その日から企画書の作成を始めました。
※誰かと結婚する前から出版化しようと決めていた

婚約後に旦那(夫)さんはホストを退職して
現在は会社員として働いているそうです。

そして、結婚したことを公表した同じ日
2016年11月1日に

「新型ぶりっ子のススメ 彼に恋させる、計算ずくの恋愛戦略」

を出版しています。

下田美咲さんは、旦那(夫)さんとの結婚について
出版の都合に振り回した事もあったようですが
全然嫌な顔をせずに一緒に間に合うように
頑張った旦那(夫)さんをここから感謝して愛している
事を明かしています。

 

下田美咲のセブンルールとは?

 

 

Wikiより詳しい?下田美咲のプロフィールと経歴・学歴

 下田美咲(コールの女王)

出典:https://www.instagram.com/shimodamisaki815/

名前:下田 美咲(しもだ みさき)
生年月日:1989年8月15日
出身地:東京都
血液型:B型
身長:163cm
体重:??kg
スリーサイズ:B83 W60 H88(時期不詳)
カップ:E65(時期不詳)
靴のサイズ:25cm
出身高校:??高等学校
趣味:鯉にエサをあげること(生き物の餌付け全般)、人の実家へ行くこと、芋掘り、乳搾り
特技:よその家庭に馴染むこと、ポンデケージョ作り

Twitter(ツイッター):@shimodamisaki(https://twitter.com/shimodamisaki)
Instagram(インスタグラム):shimodamisaki815
(https://www.instagram.com/shimodamisaki815/)
ブログ:
下田美咲オフィシャルブログ「嫌なことあったら、そっこーヘルペス。」Powered by Ameba(http://ameblo.jp/shimodamisaki/)
note:下田美咲 | note(https://note.mu/shimodamisaki)
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/shimodamisaki