2015年10月3日の日本テレビ系列『満天☆青空レストラン』では『広島・国産レモン発祥の地で激うまレモン料理』と題して藤あや子さんをゲストに迎え、国産レモンの発祥の地といわれている広島県尾道市瀬戸田町にある生口島(いくちじま:別名「レモン島」)のグリーンレモンと塩レモンレシピが紹介されました。

グリーンレモン

出典:http://item.rakuten.co.jp/

国内生産量1位を誇る県産レモンの2015年の生産量は、過去最高の6310トンとなる見込みであるJA広島果実連が明らかにしました。また、国内生産シェアの51%も占め、広島市による『ザ・広島ブランド』にも認定されたレモンについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもレモンとは?

原産地はインド北部(ヒマラヤ)。ミカン科ミカン属の常緑低木、またはその果実のことをいいます。柑橘類のひとつで、主に酸味や香りを楽しむ香酸柑橘類に属します。

樹高は3mほどで、枝には棘があります。葉は厚みがあり菱形、もしくは楕円形で縁は鋸歯状です。紫色の蕾を付け、白ないしピンクで強い香りのする5花弁の花を咲かせます。

レモンの原種であるシトロンの別名がクエン(枸櫞)で、クエン酸の名はこれに由来しているそうです。

 

広島レモンの歴史

広島県のレモン栽培は、豊田郡大長村(現広島県呉市豊町大長)が、明治31年に和歌山県からネーブルの苗木を購入した時にレモンの苗木3本が混入し、それを試植したのが始まりだといわれています。
※品種はリスボン系と推測されています

グリーンレモン3

普及した大きな理由は「瀬戸内海の温暖で雨の少ない気候がレモンの栽培に適していること」、「明治末期から大正初期にかけて価格が高騰したこと」だそうです。

その後、瀬戸田地区でも急速に栽培が増えて、全国一のレモン生産県になりましたが、昭和39年5月の「レモンの輸入自由化」によって国産レモンは致命的な打撃を受けたことで、生産意欲は減退してしまい、国産レモンの生産量は一時激減しました。

輸入レモンが昭和52年には10万トンを超えましたが、輸入レモンの防かび剤(OPP)の収穫後使用が問題化し、消費者グループや生協を中心に安全な国産レモンを求める声が高まり、安全・新鮮をモットーにグリーンレモンを中心とした国産品の需要が見直されてくるようになりました。
※OPPとは、オルトフェニルフェノールの略で発ガン性の危惧有り

 

広島レモンの特徴・出荷時期は?

【特徴】

防腐剤を一切使用していないため、料理にもドリンクにも、皮ごと安心して使える
一年間を通して出荷されている
輸入レモンと比べると糖度が高く酸味がまろやか

【出荷時期】

露地栽培
10月から12月まではグリーンレモンとして出荷
1月から5月までは通常(イエロー)レモンで出荷

ハウスレモン
7月から10月にかけて出荷

「一年を通して『広島レモン』を利用したい」という要望から貯蔵・包装技術の開発により、6月から8月にかけて個包装したレモンの出荷もしています。
※「エメラルドグリーンの宝石」とも称される果実は外観が美しく、贈答用としても喜ばれています

 グリーンレモン2

レモンの栄養と効能は?

おもな栄養成分

●ビタミンC、クエン酸、ポリフェノール
血をさらさらにする効果、 レモンの主な有用成分と効用

●クエン酸
 血液中の疲労物質『乳酸』を素早く減少させて疲労回復、  カルシウムの吸収を良くする。

●ビタミンC
風邪の予防、肌を綺麗にする美容効果

●ビタミンE
体内の活性酸素を減らす働きがあり、動脈硬化や心臓病の予防

エリオシトリン
レモンに多く含まれているポリフェノールの一種(黄色の色素)、血栓や動脈硬化・エコノミー症候群・糖尿病などの予防。脂肪吸収を抑制

●リモネイド
苦味成分の一種。最近の研究で乳がん予防、リフレッシュ効果

●ヘスペリジン
かゆみの元ヒスタミンの放出を抑制、アトピーやじんましん等のアレルギーに効果
※みかんの約3倍、果皮中に含まれる

 

レモンの保存方法は?

常温の冷暗所では数日は持ちます。より長持ちさせたいなら乾燥を防ぐためポリ袋に入れて冷蔵庫で保存がいいそうです。(1ヶ月程度)

カットしたレモンは切り口をラップで包んで冷蔵庫へ入れて、早めに使い切った方がいいでしょう。

 

レモンの見分け方は?

  • 皮に弾力があるもの
  • 重みがあるもの
  • 色鮮やかなもの
  • 軸が緑色なもの
  • 変色やしわがないもの

 

塩レモン、早摘みレモン(グリーンレモン)などのレシピは?続きは次へ