2017年5月4日、フジテレビ系列『アウト×デラックス』では編集部員はみな体当たり取材を行っている月刊誌「裏モノJAPAN」の名物編集者で自称・マー君ことクレイジーなナンパをし続けている仙頭正教さんが出演します。

 

2017年4月に立ち上がったスマホ視聴推奨した縦動画メディア『THE PUBLIQ(ザ・パブリック)』に出演や電波少年の様な企画に挑戦したり、変わったナンパを実践し続けてナンパルポ「クレイジーナンパ大作戦20」を出版している仙頭正教さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?仙頭正教のプロフィールと経歴・学歴

出典:

名前:仙頭 正教(せんとう まさのり)
生年月日:1978年
出身地:高知県
血液型:―型
身長:173cm
体重:62kg
出身高校:

Twitter(ツイッター):@sento1025(https://twitter.com/sento1025)

著書

2016年9月24日発売 『裏モノJAPAN』編集部セントウの「クレイジーナンパ大作戦20」(出版社: 鉄人社)

 

仙頭正教流 クレイジーナンパとは?

仙頭正教さんは、見た目に自信がないから手の込んだ作戦を考えてるうちにナンパのキモはどう騙すかだという結論に至り、女性もアホじゃないから簡単な騙し方では見破られる。それならとことんやろうと作戦を練る内にクレイジーなナンパ方法になるそうです。

ちなみに仙頭正教さんは本気のナンパをしているわけではなく、雑誌の企画で色物なネタナンパを考えて実践した体験記がクレイジーナンパといわれているようで「クレイジーナンパ大作戦20」でも実用書ではないと記されています。

どんなクレイジーナンパをしているかというと

新幹線ナンパ作戦

仙頭正教さんは、「恋人募集 携帯電話番号」を書いて化粧品メーカー「727(セブンツーセブン)化粧品」の広告看板と同じように設置をしたそうです。結果は、イタズラ電話ばっかりだったそうです。

出典:http://www.727.co.jp/

新幹線の車窓を眺めていると「727」という数字の野立て看板を見たことがある方も多いのではないでしょうか。「727」とは大阪に本社を置いている化粧品メーカー「727(セブンツーセブン)化粧品」の広告看板です。
※5~7分間隔で1本見えるぐらいを目安に設置しているそうです

 

涙の高校球児ナンパ作戦

高校球児の涙は女性がキュンとくるらしいということから試合に敗れて甲子園の切符を逃した高校球児の設定で渋谷の駅前で「目指せ甲子園」と書いたTシャツを着て「なんであの時 あのボール取れなかったんだ 俺の青春はなんだぁ」と言いながらナンパをしたそうです。

高橋ひとみさんから「そんな所で泣かないでしょ」と論破されていました。案の定、高校球児が渋谷にいるわけがないということでナンパは全く成功しなかったそうです。

しかし、夏の高校野球地区予選の真っただ中に丸坊主&学生ズボンの球児コスプレをした時は大成功したそうです。