2017年12月16日、TBS系列『炎の体育会TV』では「★マスク★を被った世界金VS天才キッズ…スピードスケート対決」では五輪3度出場した経験を持ち、史上初の美女マスク選手として大菅小百合さんが出演します。

 

元陸上競技選手で現在はランニングコーチの秋本真吾さんが旦那でソルトレイクとトリノの冬のオリンピックではスピードスケート選手、アテネの夏のオリンピックでは競輪選手として出場した2017年3月20日に第1子女児出産して母親になった大菅小百合さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

大菅小百合さんには、元スピードスケート選手で現在、日本競輪選手会茨城支部所属の競輪選手の小原唯志さんと結婚した妹・大菅淳子さんがいます。

 

大菅小百合の太もも筋肉がスゴイ?

スピードスケート選手や競輪選手といえば、太ももの筋肉が「すごい」、「太い」といったイメージがもたれやすいスポーツでもあります。

大菅小百合さんの太もも周りは現役時代は61cmもあったそうです。選手の強さを表すような太さですね。競輪選手もスピードスケート選手も太ももがエンジンなのでしょうね。

大菅小百合の太もも筋肉がスゴイ?

出典:http://www.duo-net.com/

大菅小百合さんは現役時代のスピードスケート選手として短距離(500m)が得意で、スタートダッシュに定評がありました。

スピードスケート女子500mの記録37秒51(自己ベスト)で日本新記録保持者でした。
※2017年12月3日、小平奈緒さんが36秒53で更新している(2017年12月16日時点)

 

大菅小百合の方が秋本真吾に惚れて求婚していた

2013年8月、北海道で開催されたスポーツイベントで指導者を目指していた大菅小百合さんに秋本真吾さんが「大菅さんですよね?こんどゆっくり2人きりで食事どうですか?」と食事とデートの誘いを受けました。

全く乗り気でなかった大菅小百合さんですが、秋本真吾さんはプロ野球「オリックス」やJリーグ「浦和レッズ」などのスプリント指導をしていたこともあり、コーチの勉強になるかもと連絡先を交換。

2人きりで会うつもりはなかった大菅小百合さんでしたが、後輩に背中を押されて秋本真吾さんと食事をして、人柄とスポーツへの情熱に惚れてしまい大菅小百合さんの方が恋に落ちてしまいました。

それから、会う度に「ねぇ付き合ったら結婚しよう」と猛アタックして付き合ってわずか4ヶ月で2014年8月15日にスピード結婚しました。

 

【関連記事】

大菅小百合の結婚後の毒舌は旦那(秋本真吾)の見た目気にしぃイケメンパパが原因?