2016年5月18日、日本テレビ系列『ナカイの窓』では「日本の文化SP」と題して古来の文化を継承する歌舞伎俳優・市川春猿さん、和太鼓奏者・岸野央明さん、盆栽師・平尾成志さん、将棋棋士・佐藤紳哉さん、落語家・立川談笑さんが出演です。

 

プロになった時はイケメンでしたが、現在は対局中にカツラを外したり、将棋界を盛り上げるために幼稚園児やセーラー服のコスプレなどブログで彼女を作ったり、6歳年下の一般女性と結婚して話題が絶えない将棋棋士・佐藤紳哉さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?佐藤紳哉のプロフィール

出典:http://www.shogi.or.jp/

名前:佐藤 紳哉(さとう しんや)
愛称:サトシン※1
生年月日:1977年8月29日
出身地:神奈川県相模原市
血液型:O型

プロ入り年月日:1997年10月1日
棋士番号:224
師匠:安恵照剛 八段(棋士番号:107)
段位:七段
旧ブログ:佐藤紳哉のあっちむいてほい 棋士の日常を赤裸々に綴る日記
ブログ:SSFブログ 佐藤紳哉六段とその仲間たち※2 
※1 将棋棋士の佐藤慎一もサトシンと呼ばれているため、区別するため特徴的な頭髪からハゲシンとも呼ばれています
※2 SSF(エスエスエフ)とはサトウ・シンヤ・ファミリーの略

昇段履歴

1990年 6級
1993年 初段
1997年10月1日 四段(棋士(プロ))
2003年1月24日 五段
2007年8月28日 六段
2015年12月17日 七段

将棋大賞

第33回(2005年度)勝率1位賞、新人賞

1990年、奨励会(新進棋士奨励会)に入会し、奨励会員同士の対局をして規定以上の成績を挙げ、1997年10月1日に20歳でプロ入りを果たし「歌って踊れるアイドル棋士になる」を抱負にしていました。
※三段以下は新進棋士奨励会(奨励会)の段級位で、棋士(プロ)の段位は四段から九段まで

出典:http://yononakanews.com

しかし、歌うと音程をはずし、踊ってはリズムに乗れず残酷なことに自慢のサラサラヘアに異変が起こり、2007年頃からカツラを使用するようになりました。

2012年4月22日にNHK教育テレビジョン(Eテレ)で放送された『第62回NHK杯テレビ将棋トーナメント(vs 豊島将之 七段 戦)』で豊島将之 七段の印象を尋ねられた時に

「豊島?強いよね、序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど俺は負けないよ。えー、駒たっ、駒達が躍動する俺の将棋を、皆さんに見せたいね」

と、対戦相手をまさかの呼び捨てや対局への抱負を少々噛みながら答えるとプロレスや格闘技の煽りVTRのようなインタビューに食いついたネット住民たちから2ちゃんねるに 【動画】NHK杯将棋トーナメントで放送事故 というスレッドが立つほど話題を集めました。

2012年6月15日に放送された日本テレビ系列『ガチガセ AKB48 vs 石原軍団 vs 歌舞伎三銃士 業界のタブー全部見破りますSP』にかつらの男性見破り対決に出演しました。

 

村山慈明 七段の結婚式の2次会で知り合った6歳年下の一般女性と2015年10月10日に入籍しました。「これで、人生の駒組みが整いました。光輝く、隙のない、躍動する家庭を築いていけたら」と喜びのコメントしています。
※2015年10月12日、自身のブログで「結婚しました!」と報告しています

出典:http://ssfevent.exblog.jp/

 

佐藤紳哉 vs 山崎隆之 将棋フォーカスカップ 1分切負対決

 

2015年8月23日に放送されたNHK教育テレビジョン(Eテレ) 将棋情報番組『将棋フォーカス』の「山崎隆之 八段 vs 佐藤紳哉 六段 NHK将棋フォーカス杯 第2戦」では、1分切れ負け将棋(待ち時間が1分しかない対局)の対局が行われた時のパフォーマンスが話題になりました。

ハゲ?しい攻防の末に77手をもって山崎隆之 八段が勝利しました。感想戦で佐藤紳哉 六段が「詰んでなかった?」と尋ねたところ山崎隆之 八段は「詰むか詰まないか分からなかった」と認める程、きわどい勝負だったようです。
※山崎隆之 八段は「内容は激しくてよかったんですけどね。盤上以外でもいろいろあった」と、佐藤紳哉 六段のカツラ外しに動揺していたことを打ち明けています