2016年7月18日、TBS系列『クレイジージャーニーSP』ではクレイジージャーニーの2トップの1人、世界中の奇妙で不思議な光景を集めた写真集「奇界遺産」のフォトグラファー・佐藤健寿さんが再出演です。

キューバ撮影旅では「超巨大廃墟」の意外な高性能システム&歴史に遭遇します。2003年5月よりUFOや超常現象を扱うオカルトブログ「X51.ORG」の管理人の佐藤健寿さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?佐藤健寿のプロフィール

名前:佐藤 健寿(さとう けんじ)
生年月日:19??年??月??日
出身地:
最終学歴:武蔵野美術大学 映像学科
職業:
ウェブサイト:http://kikai.org/
Twitter(ツイッター):@x51 https://twitter.com/x51
Instagram(インスタグラム):x51 https://www.instagram.com/x51/
Facebook:https://www.facebook.com/x51kikai/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCtzHVcicfTazt5m4kC4NjQw

 

写真集

2010年 1月 『奇界遺産』 (エクスナレッジ イラスト 漫☆画太郎)

2014年 3月 『奇界遺産2』 (エクスナレッジ イラスト 諸星大二郎・解説 荒俣宏)
2015年 1月 『世界の廃墟』 (監修・解説)飛鳥新社

エッセイ

2015年12月 『奇界紀行』(KADOKAWA/角川学芸出版)
2015年 4月 『空飛ぶ円盤が墜落した町へ』 (河出書房新社)
2015年 4月 『ヒマラヤに雪男を探す』 (河出書房新社)
2008年12月 『X51.ORG THE ODYSSEY』 (講談社)

中学生時代は、音楽でプロになりたいと思って1日7時間くらいギターを練習していましたが、自分が聴いてる音楽と、自分が弾いてる音楽が離れていったことをきっかけに音楽でプロを目指すのはやめて、武蔵野美術大学の映像学科に入って写真をやり始めました。

大学生時代にウェブが流行り始め、ブログという言葉がまだ無いころから新しいブログ形式のシステムでつくってみようと思ってコンテンツを考えて2003年5月よりUFOや超常現象を扱うオカルトブログ「X51.ORG」を開始し、サイト設計、デザイン、運営、ライティングを一人でこなし、2004年には「Blog of the Yeah!大賞」など、様々なウェブアワードを受賞しました。

大学卒業後は単身で渡米し、

マンセル要塞 イギリス

マンセル要塞(The Maunsell Sea Forts)とは、イギリスのテムズ川とマージー川河口に建造された第二次世界大戦中に設計者のGuy Maunsellによってテムズ川とマージー川河口に対空防衛の為に建造されました。
※名称は、設計者の名前から取られています

共産党ホール ブルガリア

 

チェルノブイリ ロシア

 

佐藤健寿が選んだ!世界中に連れ出したい音楽

  • フィッシュマンズ「なんてったの(HAKASE mix)」
  • クラムボン「サマーヌード」
  • クラムボン「波よせて @20110930 福岡 博多百年蔵 2日目」
  • Slave「Are you ready for Love」
  • Ametsub「Solitude」
  • Led Zeppelin「Kashmir」
  • The Internet「Dontcha」
  • エイフェックス・ツイン「Alberto Balsalm」
  • Little Dragon「Pretty Girls」
  • Massive Attack「Protection」
  • rei harakami「lust」
  • スティーヴ・ライヒ「Six Marimbas」
  • A Tribe Called Quest「Can I Kick It?(J. Cole Remix)」
  • rei harakami「joy」
  • スティーヴ・ライヒ「New York Counterpoint: Fast」
  • Penguin Cafe Orchestra「Numbers 1-4」
  • Qティップ「Life is Better(feat. Norah Jones)」
  • My Bloody Valentine「When You Sleep」
  • Radiohead「Everything In Its Right Place」
  • 岡村靖幸「彼氏になって優しくなって」
  • クラムボン「Folklore」
  • D’Angelo and The Vanguard「The Charade」
  • DJシャドウ & Little Dragon「Scale It Back」
  • Ametsub「Blotted Out」
  • Spangle call Lilli line「mai」
  • Da Lata「Pra Manha」
  • ブライアン・イーノ「The Lost Day」
  • The Internet「Get Away」
  • 女王蜂「売春」
  • ジェフ・バックリィ「Grace」

http://natalie.mu/から引用