2016年9月2日、TBS系列『爆報! THE フライデー』では「あの人は今…大追跡SP」をテーマに総資産3000億円から借金1000億円に転落したツカサのウィークリーマンションの名物社長だった川又三智彦さんが出演です。

渋谷区に24億円の豪邸とキャビンアテンダントを妻に持ち勝ち組と言われてから現在は裏切りに次ぐ裏切りからバブルの不動産王から自己破産により福島の田舎で極貧生活を送っている川又三智彦さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?川又三智彦のプロフィール

出典:

本名:川又 幸彦(かわまた さちひこ)
生年月日:1947年9月1日
出身地:栃木県芳賀郡茂木町
血液型:O型
職業:実業家(会津昭和30年代村企画株式会社代表
出身高校:サレジオ学院高等学校(カトリックのサレジオ修道会を教育母体とした学校)
最終学歴:ノースウエスタン・ミシガンカレッジ
ブログ:川又三智彦のブログ
Facebook:https://www.facebook.com/sachihiko.kawamata

 

地主の息子だった父親の幸男さんと母親のキヨニさんの間に長男として生まれ、ひまわり幼稚園に入園したが集団が余り得意じゃないせいか3ヶ月で辞めてしまいました。

品川区立第二延山小学校に入学してからは3年生ぐらいまで登校すると体調が悪くなり、早めに学校から帰る途中に元気になって(登校拒否児?)いたそうですが4年生頃には治っていたそうです。

小学6年生の夏休みに田舎から遠い親類の大学生が遊びに来て勉強を教えてもらったところ、教え方が非常に上手だったことから2学期間、栃木県那須郡南那須町立荒川小学校に転校しました。

東京に戻ってきて地元の中学に行く予定だったが、家の近くに新しい学校ができて生徒が足りないという募集のポスターを見た親に受験しろと言われサレジオ学院中学校に入学しました。
※当時は生徒数が80名に対して先生が20名いたそうです

サレジオ学園高等学校に入学してからは、中学3年生から高校1年生まで成績がよかったそうですが大学受験を考えていなかったため悪くなっていきました。母親が若い頃に満州で活躍していた話を聞いていた影響で高校卒業したら海外に行くつもりだったそうです。

高校卒業後、ミシガン大学の語学学校で15週間 英語を勉強し、ノースウエスタン・ミシガンカレッジで約1年半学びました。
※この時に家具付き賃貸部屋を借りたことがきっかけでウィークリーマンションのアイデアにつながったそうです

「僕の行く前年まで海外渡航が自由化されてなくて行けなかったんです。ところが行く前に自由化されて、民間人でもお金さえあれば行ける状態になった。それで行ったところが言葉が通じない。通じるつもりで行ったんだけど、そんな甘いもんじゃなくて。結局2年のカレッジコースが終わらないで、アメリカには3年弱いたんだけど、ドロップアウトして戻ってくることになった。
http://histy.jp/から引用

大学をドロップアウトした後、イタリアに渡り夏休みで遊んでいた1969年に父親が脳梗塞で倒れ、荷物とバイクは友達のところにおいたまま一度 帰国をしたところ、イタリアには戻れなくなり、母親と一緒に不動産屋を始めました。

1972年12月1日、武蔵小山店舗を建設。