河村 隆一のプロフィール

河村隆一

出典:RYUICHI KAWAMURA Official Website

本名:佐野隆一(さの りゅういち)
出生名:河村 隆一(かわむら りゅういち)
別名:RYUICHI、RAYLA
出身:神奈川県大和市
生年月日:1970年5月20日
最終学歴:神奈川県立栗原高等学校を経て、日本工業大学付属東京工業高等学校中退
職業:歌手、作曲家、俳優、小説家、レーサー、音楽プロデューサー
レーベル:エイベックス

ミュージシャン・歌手・俳優・小説家としては河村隆一、音楽プロデューサーとしてはЯK(アール・ケー)、LUNA SEAおよびTourbillon(トゥールビヨン)ではRYUICHIと、異なる名義で活動している。

1989年5月6日、ヴィジュアル系ロックバンド、LUNA SEAにヴォーカリストとして5人のメンバーの中で最後に加入。ライブでは第6のメンバーとしてファンを「SLAVE(奴隷)」と呼び、アンダーグラウンドなイメージを打ち出していた。

1992年にメジャーデビュー。インディーズ時代は床に届くほどのロングヘアーからLUNA SEAの人気が上昇してきた1994年頃に現在の短い髪型に。

ルナシー

出典:http://girlschannel.net/

幼い頃から西城秀樹さんのファンで影響を受けていることを公言している。西城秀樹さんとは『NHK紅白歌合戦』での競演後から親交があり、最近はゴルフにも西城秀樹さんの影響で興味を持ち始めているそうです。

1997年のバンド活動休止に伴い出生名でソロ活動を開始しました。バンドのイメージとは異なるキャラクターを前面に出し、主にとんねるず司会のバラエティー番組やドラマへの出演もこなしました。同年12月にLUNA SEAとしての活動を再開。

2000年12月の「終幕」でLUNA SEAは解散。メンバー各自がソロ活動を続けていきました。

2006年1月23日、2002年ミス日本グランプリの佐野公美と結婚したことがスポーツ報知により明らかにされました。

2007年12月24日。そこまでバラバラだった5人がLUNA SEAとして東京ドームで一夜限りの復活ライブを開催。

2009年6月、第1子となる男児が誕生。

2009年7月29日にエイベックス移籍。

2010年「LUNA SEA REBOOT」としてLUNA SEA初の世界ツアーでの復活。

2011年5月3日、日本武道館でソロライブ『河村隆一 at 日本武道館 “限界のその先へ” 100の物語~終章(エピローグ)~』を行い、約6時間半で全104曲を歌いギネス記録に挑戦し、後日、「8時間以内に100曲歌うソロアーティスト」のカテゴリーの審査を経て、正式に認定されました。

2014年5月29日、東京・国立代々木競技場第一体育館にてスペシャルライブ「LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE -The Unfinished MOON-」を開催し、この日結成25周年を迎えたLUNA SEAをお祝いしようと、会場には1万3000人ものファンが集結しました。

腕の刺青をレーザー手術で消しているため、メディアに登場する時は必ず長袖を着用していました。2010年12月31日に開催されたLUNA SEAのカウントダウンライブでは、BSフジで生中継中にもかかわらず腕を出す衣装を着用、消しきれていない刺青を映っていたようです。

細木数子さんの番組である『ズバリ言うわよ!』に出演した際、父親が養父を含めて3人いるという複雑な家庭環境を告白していました(河村という苗字は2人目の父親の苗字)。その時に離婚というものに対して「一番信頼できる場所が壊れていく」と幼い頃の経験からか苦言を呈していたそうです。

(2015年9月時点)

河村 隆一(ソロ)のディスコグラフィ

【シングル】

1.I love you (1997年2月21日)デビューシングル
2.Glass(1997年4月23日)
3.BEAT(1997年7月18日)
4.Love is…(1997年10月15日)
5.Ne(2001年4月25日)
6.静かな夜は二人でいよう(2001年6月21日)
7.ジュリア(2001年8月22日)
8.君の前でピアノを弾こう(2001年10月24日)
9.恋をしようよ(2001年11月21日)
10.Sugar Lady(2002年4月24日)
11.F114B(2003年、ファンクラブ限定)
12.SPOON/Missing you(2004年3月3日)
13.誰の為でもなく君に…(2007年4月18日)
14.Once Again(2007年10月31日)
15.ヒロイン(2009年2月4日)
16.Brilliant Stars (2009年9月30日)
17.抱きしめて(2010年1月20日)
18.YO GA YONARA…(2011年7月20日)
19.七色(2013年5月29日)

【アルバム】

1.Cranberry Soda(1997年6月21日)
2.Love(1997年11月22日)
3.深愛〜only one〜(2001年12月19日)
4.人間失格(2002年7月17日)
5.VANILLA(2004年4月7日)
6.ORANGE(2007年6月20日)
7.ピアノ(2009年4月1日)
8.Sora(2010年2月24日)
9.Fantasia(2011年8月31日)
10.Life(2013年9月11日)
11.Concept RRR 『never fear』(2014年10月1日)

【カヴァーアルバム】

1.evergreen 〜あなたの忘れ物〜(2006年5月24日)
2.evergreen anniversary edition(2007年12月5日)
3.THE VOICE(2011年3月9日)
4.The Voice 2(2012年8月8日)

河村隆一 左手の刺青(タトゥー)編集中

河村隆一が初の慈善ゴルフ編集中

 

河村隆一がパチンコ営業を続ける理由とは?

2015年6月27・28日に千葉・幕張メッセで開催された初の主宰フェス「LUNATIC FEST.」を、動員数6万人という大成功に収めたロックバンド・LUNA SEAは、2010年の活動再開以降も一定の人気を保ち続けています。

2015年も大規模な全国ツアーや、大阪城ホールでのワンマンライブなどを開催していますが、その一方でボーカルの河村隆一さんが行っている「パチンコ営業」が話題に上っているようです。

パチンコ営業というと“落ち目感、そんなにお金に困ってるの?感”が漂ってしまうタレントというイメージを持たれますが、河村隆一さんは数年前からこれに手を出しており、ホールチェーン「ダムズ」をはじめ全国のホールでイベントを開催しているようです。

主に女性ファンを対象に、トークショーや、サイン色紙争奪ジャンケン大会、握手会などを行っています。さらに、数年にわたりホールチェーン「K-POWERS」グループのイメージキャラクターを務めてCMにも出演しています。

「河村は06年に結婚。その頃は、すでにソロ活動も鳴かず飛ばず。結婚後に売りに出した豪邸もなかなか売れず、価値は半分ほどになってしまったとのウワサも飛び交った。ソロデビューした90年代にはミリオンヒットを飛ばし、『NHK紅白歌合戦』にも出場した河村ですが、その後の懐事情はなかなか厳しいものがあったのでは?」(芸能関係者)

当然、その空気はファンも感じており、パチンコ営業を続ける彼に対し、『そんなにお金に困ってるの?』と心配する声も少なくない。

ファンの心理を考えると、『ロックスターには、パチンコ営業をやってほしくない』というのが本音だと思いますが、バンド活動は面倒くさいことが多いことから、短時間で稼げるトークバラエティ番組や、主演舞台等の俳優業など、ソロでのタレント活動を充実させていきたいという気持ちが強いのではという噂も流れているようです。

X JAPANや最近の人気バンドを集めて『LUNATIC FEST.』を毎年開催することで、定期的にメディアに顔を売り、個人の仕事につなげ、パチンコ営業を続けるのも、ソロで手軽に稼ぎたいという思いの表れではないかともネットで囁かれていました。

 

2015年7月21日(火)に放送された『解決!ナイナイアンサー2時間スペシャル』(日本テレビ系)で河村隆一さんの美人妻・佐野公美さん(第34回2002年ミス日本グランプリ)が結婚以来テレビ初登場についての内容の更新はしばらくお待ち下さい。