2017年3月30日、読売テレビ・日本テレビ系列のバラエティー特番『生死を分けたその瞬間 体感!奇跡のリアルタイム 第4弾』では2011年10月31日の夕方に乗客220名と乗務員11名 計231名を乗せてニューヨークからワルシャワに向けて飛びたったポーランド航空16便(B767)の緊急胴体着陸1分28秒が実際の映像が公開されます。

 

着陸・地上走行などを司る油圧システムの異常だけでなく電動システムが作動せずに車輪が出ない非常事態にタデウシュ・ヴロナ機長は急降下急上昇させて戦闘機F-16を並列飛行という前例のない確認方法と提案したが前輪後輪ともに出ていない状態で胴体着陸を決行した内容について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

LOTポーランド航空16便胴体着陸事故

 

 

 

 

ポーランド航空5055便墜落事故とは?