2018年5月20日、フジテレビ系列『ジャンクSPORTS』では「命懸けアスリートSP」と題して、なじみの少ないスポーツ競技の衝撃映像を交えて空中に張られた幅5㎝のラインの上でバランスを取りながら大技を繰り出すスラックライン競技のワールドカップ覇者・大杉徹さんが命がけの実態を語ります。

 

日本ではスラックラインの第一人者でプロスラックラインチーム「ヘイワイルド スラックライン 岡山」のメンバーの大杉徹さんが番組中にライン上でつま先だけで立つ離れスゴ技「コズミックソールフード」や3ヶ月の事故について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク