2017年3月26日、TBS系列『情熱大陸』では年間約9万人が罹患し、今や全日本人女性の11人に1人がかかる「がん」の圧倒的第1位である「乳がん」の医療を専門として東京のがん研究会有明病院・乳腺センターでセンター長を務めている乳腺外科医の大野真司さんに密着です。

 

治療を行うだけではなく「病気ばかり見るのではなく、患者という 人 を見て、患者が生きる 社会 に出なければ」と「ピンクリボン運動」や厚生労働省班研究「若年乳がん患者のサバイバーシップ支援プログラム」班長として若年乳がん患者の支援にも取り組んでいる大野真司さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

Wikiより詳しい?大野真司のプロフィールと経歴・学歴

出典:https://www.ana.co.jp/

名前:大野 真司 (おおの しんじ)
生年月日:1958年??月??日
出身地:福岡県
血液型:―型
身長:―cm
体重:―kg
出身高校:福岡県立修猷館高等学校
最終学歴:九州大学 医学部
趣味:ウォーキング
特技:料理

所属学会・認定医・資格

日本乳癌学会 専門医 指導医
日本外科学会 認定医 指導医
日本消化器外科学会専門医
米国臨床腫瘍学会
米国外科学会
日本癌治療認定医機構暫定認定医
日本コンピューター外科学会

 

経歴

1984年 九州大学医学部 卒業
1989年 米国テキサス大学臨床腫瘍学研究員
1993年 九州大学病院助手
1997年 九州大学病院併任講師
2000年 九州がんセンター 乳腺科部長
2012年 九州がんセンター 臨床腫瘍研究部長
2014年 九州がんセンター 臨床研究センター長
2015年4月 がん研究会有明病院 乳腺センター長

年間症例数(2014年時点)

初回手術数(入院+外来) 1,000、
乳房温存 399
乳房切除 600(うち同時再建を伴う 301)
その他 177
良性手術 40
再発手術 48
追加手術 74
上記以外 15

計 1,177

大野真司(乳腺外科医)は乳がん医療の革新のために臨床試験や基礎研究などを推進する「JBCRG」とは?