2015年9月2日(水) に日本テレビ系列『ナカイの窓』伝統芸能SP!で5歳で舞台デビューした歌舞伎界のニュープリンス・二代目尾上松也さんが出演されました。前田敦子さんと熱愛報道があったりと何かと週刊誌を賑わせた時期もありましたね。

尾上松也1

『ナカイの窓』では、人気急上昇中の二代目尾上松也さんの5歳で舞台デビューした時の可愛すぎる秘蔵映像公開されるそうです。「伝統を守れない人」は誰になるのでしょうか当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?二代目尾上松也のプロフィール

 尾上松也

出典:@idomukabuki

本名:井上 龍一(いのうえ りゅういち)
生年月日:1985年1月30日
出身地:東京都中央区
身長:178cm
血液型:O型
出身高校:堀越学園高校(同級生:生田斗真さん、綾瀬はるかさん)
趣味:野球、フットサル
好きなプロ野球チーム:読売ジャイアンツ
屋号:音羽屋
定紋:抱き若松
襲名歴:1.二代目尾上松也(にだいめ おのえ まつや)
事務所:松竹エンタテインメント
父:六代目尾上松助(本名:井上真一 いのうえ しんいち)

屋号は『音羽屋』定紋は『抱き若松』で名門尾上家の出身。

当時の松竹会長の「息子はいくつになった?出しちゃえ。」という鶴の一声で1990年5月、5歳の時に歌舞伎座で父・松助の襲名披露に併せ、二代目尾上松也として『伽羅先代萩』の鶴千代役で初舞台を踏みました。

それからも子役時代の「赤胴鈴之助」で主役の少年剣士鈴之助役でも知られた名子役だった父・松助の血を受け継ぎ、数々の子役で多くの賞を受賞しています。

10代後半から20代前半は、父・松助が所属する、七代目尾上菊五郎率いる菊五郎劇団で「弁天娘女男白浪」の伜宗之助などの若衆役や、「人情噺文七元結」の長兵衛娘お七、「児雷也豪傑譚話」成金コギャルお辰などの女形を中心に活動しました。

2001年、映画「シベリア超特急2」に出演され、日本映画批評家大賞新人賞を受賞しました。

2005年12月26日、20歳の時に父・松助は原発不明癌のため59歳で死去。父・松助の弟子であった3人にはこのまま松也の弟子となり、「父親から受け継いだ一番の財産が、この3人の弟子であると考えている」と発言し、家族と弟子を養う大黒柱として一人で一門を背負われているそうです。

父・松助の死去後、「これまでのようにゆったりと過ごしているわけにはいかない」と市川猿之助 (4代目)(=当時は亀治郎)の自主公演出演をきっかけに、2009年から年1回のペースで自主公演『挑む』主催しています。

20代後半からは、「寿曽我対面」の曽我五郎時政、「隅田川花御所染」の猿島惣太、「菅原伝授手習鑑」の舎人桜丸、武部源蔵など立役を中心に活躍しました。

2012年は「ボクの四谷怪談」、2013年は「ロミオ&ジュリエット」、2014年は「スリル・ミー」と歌舞伎と並行してミュージカルにも年1回のペースで出演し、2015年6月から8月まで、帝国劇場にて「エリザベート」でルイジ・ルキーニを演じました。歌うことが好きだそうです。

(2015年8月時点)

 

二代目尾上松也の家系図と親戚がスゴイ?続きは次へ