2018年4月29日、日本テレビ系列特別番組『明石家さんまの転職DE天職』第7弾では、高校卒業後に映画監督を目指してアメリカの大学留学で演出や演技を勉強中に弟の小栗旬さんがブレイクで自らも俳優デビューするも現在はイベント制作会社社長に転職した小栗了さんが出演です。

 

故・蜷川幸雄さん演出の舞台で弟の小栗旬さんと共演を果たしましたが、30歳で俳優を引退して2007年9月に株式会社NACのイベント会社社長で現在の年収が俳優時の10倍(1000万円)になっている小栗了さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク