2015年12月17日、日本テレビ系列『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』では謎のラーメン王国新潟をテーマにしてラーメン王こと石神秀幸さんが定義した「新潟5大ラーメン」が紹介されました。

 

「新潟あっさりラーメン」、「燕三条背脂ラーメン」、「長岡生姜醤油ラーメン」、「新潟割りスープ付き濃厚味噌ラーメン」、「三条カレーラーメン」について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

【簡易版】Wikiより詳しい?石神秀幸のプロフィール

石神秀幸

出典:http://www.sbrain.co.jp/

名前:石神 秀幸(いしがみ ひでゆき)
生年月日:1972年8月19日
出身地:東京都世田谷区
資格:調理師免許
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
備考:「神の舌を持つ男」がキャッチフレーズ、1ケ月の食費は約150万円
Twitter(ツイッター):@ishigamih
オフィシャルブログ:「ラーメン王石神秀幸 神の舌を持つ男」 

小学生の時に石神秀幸さん自身の味覚が人並み以上に発達していることに気づき、中学生の時には漫画「美味しんぼ」を読んで食の世界に興味を抱くようになりました。それ以来、食べ歩きや極少量の食品を溶かした水を利き水するなど独自の方法で舌を訓練したことで味覚に絶対の自信を持っています。
※2003年10月26日に放送されたTBS系列『情熱大陸』の味覚検査で実証済み

2003年、食のコンサルタント会社である有限会社ゼッター(現:株式会社ゼッター)を設立。

2005年、株式会社cache cacheを設立。日本初のスープ春雨&火鍋専門店「七宝麻辣湯」、ワイン・パイチューBAR「LeBrassage et la Distillation」を経営。

1995年、当時交際していた女性が応募して出場したテレビ東京の「TVチャンピオンラーメン王選手権」で第3回、第4回と連続優勝し、その後ラーメン評論家として活動することになりました。

(2015年12月時点)

 

新潟5大ラーメンとは?

「新潟5大ラーメン」とは、石神秀幸さんが定義した「新潟4大ラーメン」に『三条カレーラーメン』を加えたものです。「新潟4大ラーメン」の分類は「新潟流あっさりしょうゆラーメン」、「燕三条流背脂ラーメン」、「長岡流ショウガしょうゆラーメン」、「巻町流割りスープ付きみそラーメン」と呼称も違うようです。

※()は新潟4大ラーメンの呼称です

新潟あっさりラーメン(新潟あっさり系ラーメン)

新潟市で多く見られるのが、新潟県新潟市中央区、主に新潟島周辺が発祥ということもあり、港町らしく煮干しでとった出汁が特徴で、細麺のあっさりしょうゆラーメン。市街にかつて堀が通っていた昭和の中ごろの屋台ラーメンがその発祥。当時から続く店はわずかになっていますが、その味は受け継がれているそうです。

【店舗情報】

店名 蓬来軒 (ほうらいけん)

蓬来軒 新潟市中央区

来味 新潟市中央区

三吉屋 創業1957年と言う長い歴史を持つ

いち井

 

燕三条背脂ラーメン(燕三条流背脂ラーメン)

新潟県の県央地域(燕市・三条市)を中心に食べられています。工業地域である県央地域の工場労働者たちの要望を汲んだ新潟ご当地ラーメン。

うどんのような極太麺と、パンチの効いた背油濃醤油煮干出汁のスープが特徴です。スープの湯気が上がらないほどに覆い尽くすたっぷりの背脂と、長ネギの代わりにタマネギのみじん切りのトッピングされているそうです。

【店舗情報】

福来亭 白山町店

酒麺亭潤 燕総本店

杭州飯店(こうしゅうはんてん)

 

長岡生姜醤油ラーメン(長岡流ショウガしょうゆラーメン)

新潟県長岡市発祥のラーメンで、豚ガラを多く使った豚骨ベースでコクの深さがありながらも、比較的油っこい濃口醤油味のスープに風味、香りがはっきりと分かるほど強く利いた生姜と柔らかめのチャーシューが組み合わささた、雪国ならではの、体がポカポカ温まるラーメン。

【店舗情報】

青島食堂

ラーメンあおきや

みずさわ

 

新潟割りスープ付き濃厚味噌ラーメン(巻町流割りスープ付きみそラーメン)

麺はうどん並みの太さの極太麺と熟成させた味噌が濃厚で炒めた野菜の香ばしさがマッチした新潟県新潟市西蒲区発祥のラーメン。非常に濃い味の味噌スープとそれを薄めるための「割りスープ」で好みの味に自分で調節して食べるユニークなスタイル。

【店舗情報】

東横

こまどり

 

三条カレーラーメン

※起源については「新潟県三条市発祥説」、「北海道発祥説」、「千葉発祥説」と日本各地で自然発生的に誕生したと考えられているようです。今回は、もちろん「新潟県三条市発祥説」で紹介します。

新潟県三条市のラーメン店の店主が、戦前に東京の修業先から持ち帰ったのが始まりとされて70年の歴史があると言われています。

三条市では、70店舗以上のカレーラーメン提供店があり、三条商工会議所の取り組みにより名物化が進み、2009年2月25日、セブン-イレブンより「三条名物カレーラーメン」が発売されました。

三条市は、背脂ラーメンのほかに、カレーラーメンも古くから定着しています。ラーメンの上に、トロリとカレーをかける昔ながらの懐かし系から、カレー粉を熟成させたこだわりの進化系まで、さまざまな味があるのも店を巡る楽しみです。

【店舗情報】

正広

はしもとや

麺道楽 天狗屋

 

番組終了後に更新していきます。