自転車の違反と罰則

・自転車は「軽車両」 歩道ではなく“車道”通行が原則→3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金
歩道と車道の区分があるところでは、自動車と同様に「車道」を通行します。

・「左側」の路側帯しか走行できなくなっている→3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金 改正道路交通法の2013年12月施行。

例外的に、自転車が歩道を走行できる場合もあります。

(1)歩道に「自転車歩道通行可」の道路標識がある場合
(2)子どもや高齢者などが運転している場合
(3)車道または交通の状況からみて、やむを得ない場合 の3パターン。

※ただし、歩道はあくまでも歩行者優先であり、自転車は歩道上の車道寄りをすぐに停止できる速度で走ること。→2万円以下の罰金または科料

リード(ひも)を持って愛犬を散歩

・携帯電話の使用→5万円以下の罰金

・イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く→5万円以下の罰金

・傘さし運転→5万円以下の罰金

・信号無視・一時不停止→3月以下の懲役又は5万円以下の罰金

・並進→2万円以下の罰金又は科料

ただし、「並進可」の標識のある場所では、2台まで並進可能

・二人乗り→2万円以下の罰金又は科料
ただし、幼児を乗せる場合は例外的に認められている。

・右折、左折時の合図不履行→5万円以下の罰金

・夜間の無灯火→5万円以下の罰金

・飲酒運転(酒酔い状態)→5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

※科料…1000円以上1万円未満 他にもありますが、気になる方は調べてみて下さい。

自転車は道路交通法上で「軽車両」の扱い。車道走行が原則で歩道は例外がありますが、車道、路側帯ともに左側通行が義務化されていますので注意して下さい。

スポンサードリンク

まとめ

3年以内に2回以上繰り返した自転車運転者に自転車運転者講習を義務付けられ、受講しない場合は5万円以下の罰金が科される。

自転車は軽車両です。2015年6月1日を迎える前から、交通の危険を生じさせる違反対象の14項目はもともと違反であり犯罪です。

自転車の違反で切符を切られるのは、刑事手続適用のため赤切符です。青切符は適用されません。しかし、刑事手続イコール刑罰というわけとは限られません。

自転車搭乗中の事故におけるご自身のケガの補償や相手にケガを負わせた場合の損害賠償に備えることができる自転車保険について真剣に考えましょう。