道路交通法改正の注意点:自転車の危険運転ダメ!繰り返すと講習義務!

2015年6月1日より、交通の危険を生じさせる違反を繰り返す自転車の運転者には、安全運転を行わせるため講習の受講が義務づけられます。子どもでも14歳以上は対象です。交通の危険を生じさせる違反対象とは下記の14項目です。

1.信号無視(道路交通法第7条)

2.通行禁止違反(同第8条第1項)

3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)(同第9条)

4.通行区分違反(同第17条第1項、第4項又は第6項)

5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害(同第17条の2第2項)

6.遮断踏切立入り(同第33条2項)

7.交差点安全進行義務違反等(同第36条)

8.交差点優先車妨害等(同第37条)

9.環状交差点安全進行義務違反等(同第37条の2)

10.指定場所一時不停止等(同第43条)

11.歩道通行時の通行方法違反(同第63条の4第2項)

12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転(同第63条の9第1項)

13.酒酔い運転(同第65条第1項)

14.(携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの)安全運転義務違反(同第70条)

スポンサードリンク
 

意外にも、やったことがあるという人が多いのではないでしょうか。今まで上記の違反対象項目をやったことはない方には勝手に決めつけてしまったことにすみません。これらの違反を3年以内に2回以上繰り返す自転車利用者に講習の受講を義務づけ、未受講者は罰金刑が適用されます。

自動車の場合、軽微な違反の場合は青切符(交通反則告知書)を渡し、反則金納付などの行政処分で済ませる「反則切符(青切符)」の制度がありますが、2015年6月1日に道路交通法が改正されるまでは、自転車には赤切符しか適用できない状態と言う記事内容が多いのですが、青切符が導入されるように読み取れてしまいますが

2015年6月1日に道路交通法が改正されてからも、自転車には赤切符がそのまま適用されます。

1度目の違反から赤切符になりますが、不起訴になって罰金の支払いが免除になったとしても、安全講習受講の条件の違反回数には1回としてカウントされますので注意して下さい。

道路交通法改正

出典:警視庁
上記の画像に記載されている危険な行為(14類型)とは、上記の1~14の内容です。

講習手数料(標準額)は5,700円ですが都道府県条例で別途定められるようです。

自転車運転者講習制度のポイント

運転者としての資質の向上に関すること、自転車の運転について必要な適性並びに道路交通の現状および交通事故の実態その他の自転車の運転について、必要な知識について行うこと。

あらかじめ講習計画を作成し、これに基づいて行い、かつ、その方法は、教本、視聴覚教材等必要な教材を用いて行うこと。

・自転車の運転について必要な適性に関する調査に基づく個別的指導を含むものであること。 がポイントだそうです。

 

イヤホンは片耳でも違反?続きは次へ