2015年6月1日から改正道路交通法で自転車の危険運転への罰則が強化されました。報道などで罰則がある?違反2回で「自転車運転者講習」が義務?と何かと分かっているようで分かっていない人が多いのではないでしょうか。またイヤホンの片耳はOKなど情報が錯綜しているようですね。

自転車違反対象14項目!

出典:http://www.moon-leaf.biz/

今回は、そんな疑問を一気に解消し、安全運転ができる助けになればとまとめてみましたので参考にしてもらえると幸いです。自転車が関係する事故は、2014年度で全交通事故の約2割を占め、自転車対歩行者の交通事故は10年間で約1.5倍に増加しています。そのほとんどが自転車が第一当事者となっている事故だと知っていましたか。

自転車違反対象14項目の罰則内容と一時、間違っている情報が流れていましたので、その訂正も含めて説明していきたいと思います。知らなかったでは、済まないですよ?

※イヤホンについていくつかお問い合わせを頂きましたので、記事を追加させて頂きました。これから読んで頂くにもお役に立てれば幸いです。(2015年6月5日追加)

スポンサードリンク

赤切符と青切符

間違っている情報(青切符が導入される)が拡散していたようです。ちなみに

青切符とは、比較的軽い違反で捕まった時に渡されるもので、その用紙が青色の紙のために一般的に青切符と呼び名がついています。正式には「交通反則告知書」といいます。告知された方は、交通反則通告制度が適用されます。

納付書(白色)により反則金を金融機関に納付された場合は刑事事件としての刑罰が科されなくなるという制度で、反則金の分納小切手、収入印紙及びその他の有価証券での納付ATMでの納付はできませんので注意して下さい。

赤切符とは、青切符の違反に該当しない重い違反(酒気帯び運転など)で捕まった時に渡されるもので、その用紙が赤色の紙のために一般的に赤切符と呼び名が付いています。正式には「告知票」といいます。つまり、違反を刑事事件として立件し、処罰されることになります。

 

青切符と赤切符のまとめ

青切符は反則金の支払い命令で、赤切符は簡易裁判所への呼び出し状に値します。

赤切符を切られた違反者は、そこに書かれた日に指定された場所(通常は検察庁か簡易裁判所)へ出頭して、裁判を省略する「略式手続」について説明を受けた後、裁判所から(有罪)判決をうけて、罰金を支払うように命令されるようです。

ちなみに、青切符を切られて反則金を払わなかった場合、1ヶ月くらいすると赤色の紙(交通反則通告書)が送られてきます。※赤切符ではありません。「告知書」と「通告書」の違いと思って間違いではないと思います。

ただし、この「通知書」がきても反則金を納付しない場合は、赤切符と同じ扱いになるので注意して下さい。

ただし、この「通知書」がきても反則金を納付しない場合は、赤キップと同じ扱いになるので注意しましょう。

 

次に気になる自転車違反対象14項目について、続きは次へ