2015年10月23日TBS系列『A-Studio』に2015年1月31日に再婚した中村獅童 (2代目)と新妻・足立沙織さんが出演され、愛する妻への想いを語られました。

 中村獅童 (2代目)

まだ、新婚旅行に行けていない中村獅童 (2代目)と新妻・足立沙織さんですが、実は新妻・足立沙織さんは元読者モデルでかわいいと噂されています。それでは当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?中村獅童 (2代目)のプロフィール

 中村獅童 (2代目)1

出典:中村獅童 公式Webサイト

本名:小川 幹弘(おがわ みきひろ)
生年月日:1972年9月14日生まれ
出身地:東京都出身。
学歴:日本大学藝術学部演劇学科中退
血液型:O型
身長: 177cm
体重:63kg
足のサイズ: 26.5cm
父:初代中村獅童
母:小川陽子
妻:小川沙織
襲名歴:1. 二代目中村獅童
屋号:萬屋
事務所:中村獅童事務所

歌舞伎の名門・小川家(旧播磨屋、現・萬屋)に生まれ、父は元歌舞伎役者の初代中村獅童(本名・小川三喜雄)です。結婚10年目で待望の長男誕生したのが中村獅童 (2代目)です。

母・陽子は幼い獅童に北海道の雄大な景色を見せたり、アングラやストリップなどの多種多様な舞台を鑑賞させ、おおらかにスケール大きく育つよう心がけていたそうです。

6歳の6月より日本舞踊を始め、中村獅童 (2代目)自ら舞台に出たいと祖母に直訴しましたが、1981年(8歳)、歌舞伎座にて初舞台を踏み、当初から二代目中村獅童を名乗っていました。

父・三喜雄さんは、中村獅童 (2代目)が幼い頃に歌舞伎役者を廃業しており、中村獅童 (2代目)は師匠不在の中でのスタートし、付き人もおらず、楽屋の支度は全て母が付き添って行っいました。

1983年10月、『春日局』竹千代にて松竹社長賞を受賞しています。

中学時代よりロックに傾倒しバンド活動を始め、明星学園高等学校(第59回生)卒業後、歌舞伎役者が開店休業状態のまま、日本大学藝術学部演劇学科に入学し、アマチュアバンドを結成していました。

19歳で歌舞伎の道を目指す事を再び決心しますが、後ろ盾がないために役がつかず、最後列の一番端に並んでいるだけの役を演じる下積み生活を送りました。その後、日本大学を中退。

1995年3月、大女優・団礼子さんを母親に持ち、恵まれた芸術環境に育った団優太さんとボーカルユニット「UNIT33」としてCDを発表。

1996年『狐狸狐狸ばなし』おそめ役で歌舞伎座賞を、翌年には「歌舞伎の見方」解説にて国立劇場特別賞を受賞。

2002年7月に劇場公開された映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。

歌舞伎においても、2003年に『義経千本桜』『毛抜』にて初の主演を務めました。

2005年5月10日、オフィシャルサイトで『いま、会いにゆきます』で共演した竹内結子さんと結婚を前提にした交際をしていたことを発表し、同年6月に結婚。同年6月、京都南座にて『船弁慶』の弁慶役を務め、この公演で、初めて一人部屋の楽屋を使うことが許されたそうです。

2005年11月に第1子(長男)が誕生。2008年3月7日、竹内結子さんとの離婚。

2015年1月31日、一般女性と再婚。5月28日、東京都内のホテルで披露宴を行い、沙織夫人を報道陣に紹介しています。

中村獅童 (2代目)3

出典:http://contents.oricon.co.jp/

(2015年5月時点)

 

中村獅童(2代目)と足立沙織の出会いは?披露宴に出席した市川海老蔵の感想は?続きは次へ