2017年10月20日、TBS系列『爆報! THE フライデー』では「あのイケメン美女は今…大追跡SP」をテーマに2mの長身で法政大学に入学して1年生の時から全日本代表に選出されて大活躍した元バレーボール全日本のイケメンMこと南克幸さんの今現在は特集されます。

 

大学卒業後は旭化成のバレーボール部の中心選手として活躍してVリーグに昇格し、旭化成の休部により旭化成の社員の身分を保持した上で大分三好ヴァイセアドラーへ移籍し体力の限界を理由に現役引退後は加藤海運の社長に就任している南克幸さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

 

Wikipediaより詳しい?南克幸のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前:南 克幸(みなみ かつゆき)
生年月日:1970年9月30日(47歳)
出身地:宮崎県延岡市
血液型:O型
身長:200cm
体重:88kg(時期不詳)
出身高校:山口県立宇部商業高等学校
出身大学:法政大学

≪選手情報≫

愛称:カツ
ポジション:MB(ミドルブロッカー 別名: センタープレーヤー)
指高:260cm
利き手:
最高到達点:345cm
ブロック:340cm

1992年 バルセロナオリンピックに出場 第6位
1993年 国際大学スポーツ連盟が主催する総合競技大会「ユニバーシアード」 金メダル