2015年9月13日に放送された日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』で「あの時は本気で泣きましたSP」にラグビー日本代表キャプテンでありコーヒーを勉強してCafe +64というカフェ経営、日本語がペラペラのリーチマイケルさんが出演されました。

 リーチマイケル

世界三大スポーツイベントのひとつに数えられる、ラグビーワールドカップ。 観客動員約225万人、世界42億人がテレビ放送を見る世界的ビックイベントです。今年9月18日に開幕する「ラグビーワールドカップ2015イングランド」の日本代表であり主将リーチマイケルさんについて当たり障りなくまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?リーチ マイケルのプロフィール

リーチ マイケル

出典:https://www.toshiba.co.jp/

名前:リーチ マイケル(Michael Leitch)
ニックネーム:リーチ(Reach)
生年月日:1988年10月7日
出身地:ニュージーランド・クライストチャーチ
最終学歴:東海大学体育学部
身長:189cm
体重:105kg
好きな食べ物:、そば、おでん、豚汁、すし
ポジション:No8、フランカー(FL)
ベンチプレス:160kgぐらい
座右の銘、好きな言葉:Libra-神に誓うな、己に誓え
尊敬する人:佐藤幹夫監督(札幌山の手高校ラグビー部監督)
日本代表キャップ:43。(2015年9月現在)
家族:妻、娘
※「キャップ(数)とは、ラグビー・フットボール協会等によって正式に認定された「国際試合」に出場した回数

2013年年7月25日に日本国籍取得しています。

【全国大会出場歴(大学)】
2009年-2010年 大学選手権出場(第46回全国大学ラグビーフットボール選手権大会準優勝)
2010年-2011年 大学選手権出場(第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会ベスト4)

【主な代表歴】
日本代表、日本選抜、7人制日本代表、U20日本代表、高校日本代表

15歳の時にクライストチャーチのセント・ビーズ・カレッジから留学生

お母さんがラグビーを好きだったことから5歳の頃からラグビーを始めました。15歳の時にクライストチャーチのセント・ビーズ・カレッジからラグビー留学生として来日し、札幌山の手高等学校に入学しました。

卒業後は、日本の学校の先生になりたいというもあって東海大学体育学部へ進学し東海大学体育会ラグビーフットボール部に所属。日本語もとっても流暢で、新聞も、ラグビーの記事なら読めるそうです。

2008年に開催されたラグビージュニア世界選手権に日本代表として出場。同年11月16日、アメリカ戦で日本代表として初キャップを獲得しました。東海大学3年生の時に第46回全国大学ラグビーフットボール選手権大会で準優勝しています。

大学4年生の時には、第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会ベスト4の成績を残しました。東海大学卒業後、チームメイトの三上正貴さんと共に東芝ブレイブルーパスに加入し、同年開催のワールドカップの代表に選出され、予選プール全4試合、フランカーとして出場。

知美

2012年2月22日に東海大学の同級生・橋本知美(さとみ)と結婚。

2013年、スーパーラグビーの強豪チーフスに期限付き移籍すると発表後、同年2月に腕を骨折していることが判明し、後にチーフスとの契約を解除。同年6月1日に行われたフィジー戦で足首を脱臼骨折してしまいました。

7月25日に法務省から日本国籍の取得認可が下りたことで、「日本人プレーヤー」として活動することが可能になりました。それに伴い登録表記をそれまでの「マイケル・リーチ」から現在の「リーチ マイケル」に変更しています。

2014年4月、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチから日本代表キャプテンに指名され、アンドリュー・マコーミックに続き2人目のニュージーランド出身キャプテンに就任。2015年、チーフスに再加入し、ラグビーワールドカップ2015の代表に選出されました。

(2015年9月時点)

 

日本代表とカフェの二刀流とスポニチの記事にあった詳細は?続きは次へ