2016年5月23日、日本テレビ系列『人生が変わる1分間の深イイ話』では「元宝塚スペシャル」と題して宝塚音楽学校の卒業試験の歌の部門で歴代最高の99点を獲得した毬谷友子さんが出演です。

 

劇作家の父と女優の母の間に生まれたお嬢様育ちのせいか、買い物などもネットショッピングて済ますプチ引きこもり状態で現在猫4匹と犬1匹と独身生活をしている毬谷友子さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?毬谷友子のプロフィール

毬谷友子1

出典:http://n-jinny.com/

芸名:毬谷 友子(まりや ともこ)※1
本名:矢代 友子(やしろ ともこ)
愛称:とんちゃん
生年月日:1960年3月25日
出身地:東京都港区
身長:160 cm
血液型:A型
職業:女優、武蔵野美術大学の講師
活動期間:1980年 –
著名な家族:矢代静一(父)、矢代朝子(姉)、えまおゆう(従妹)
同期:安寿ミラ、こだま愛、洲悠花 など
Twitter(ツイッター):@mariyatomoko
ブログ:毬谷友子オフィシャルブログ「姐さんのひとり言」

※1 芸名の由来は「友子は本名から、姓は聖母マリアから頂戴しました」と毬谷友子さん本人が答えています

幼稚園から小学校、中学・高等学校まで四谷雙葉学園で学び、1980年、宝塚音楽学校を首席卒業して宝塚歌劇団に66期生として入団。『フェスタ・フェスタ』で初舞台を踏みました。同年7月10日[1]、雪組に配属されました。
※入団時の成績は50人中12位でした

1980年10月6日からNHK連続テレビ小説第26作目『虹を織る』のヒロインの「仲良し5人組」の友人の一人 ゆき 役を演じました。

1983年、『ブルー・ジャスミン』の新人公演で初ヒロインに抜擢されました。

1985年4月30日、『花夢幻 / はばたけ黄金の翼よ』の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団しました。

【写真集】

1994年7月25日発売 「毬谷友子一九九四」

毬谷友子

出典:http://www.suruga-ya.jp/

 

【関連記事】

日向燦(ひなた さん)宝塚退団後 借金1000万円メロンパンの店長で子供4人と美勇士を支えている?パートの仕事は?【深イイ話】