ルパン三世は悪漢の大泥棒から心優しい大泥棒に変わった?

モンキー・パンチはあくまでルパン三世を「悪漢の大泥棒」として描きたかったそうですが、原作よりも人気の高いアニメや映画などでは「心優しい大泥棒」ルパンという設定になっています。

つまり、原作とは大きく性格が異なっているわけです。アニメではモンキー・パンチ本人が初めて監督を務めた時、「敵を後ろから刺す」というシーンでディレクターに「ルパンはそんなキャラではない」と言われ、作者であるにも関わらず却下されてしまったそうです。

ルパンや次元大介・石川五ェ門・銭形警部・峰不二子のキャラクターは、アニメ及び映画の性格設定がよく浸透しています。

 

ルパン三世と銭形警部はアニメ映画『トムとジェリー』がモデル?

銭形警部はトム、ルパン三世はジェリーをモデルにしているトムとジェリーが心の底から好きだったため、原作者に会いに渡米した、作者からルパン三世をモチーフにしたイラストを色紙に書いてもらっているそうです。

 

1971年 – 1972年 ルパン三世 (TV第1シリーズ)

放送期間:1971年10月24日 – 1972年3月26日
放送回数:全23回(低視聴率から打ち切りになった)
放送時間:日曜 19:30 – 20:00

【第1シリーズの特徴】

物語の舞台はほとんどが日本で、他の国は第3話と第10話のみでした。全話の作風は大人向けのハードボイルドタッチな演出が多い前半と、子供も見る事をある程度考慮したギャグタッチな後半に別けられています。

ルパン三世

上着の色は青緑色を使用。上着以外は、黒のレギュラーカラーのシャツ。黄色のニットタイをタイバーで止め、紺色のスラックス。白のハイソックスに茶色のチャッカブーツ、髪の色は黒ではなく茶色でした。
※オープニング2では赤い上着を着ているカットがあしますが、これはパイロットフィルムからの流用をしているため

石川五ェ門

オープニングには第4話から登場していますが、本編では第5話で初登場となります。当初は名うての殺し屋でルパンの敵でしたが第7話で仲間になりますが、レギュラーとして定着するのは、後の『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』以降です。

『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』では、女性を苦手とする素振りはなく、初登場の時点で不二子に惚れていました。

峰不二子

前半は、セクシーで小悪魔的な性格で、仲間というより利害が一致した時だけ手を組む独立した女盗賊として描かれ、後半は髪型もショートボブカットとなり、仲間的色彩が強くなっています。性格も、より明朗活発な女性として描かれています。

初期の愛車は黄色いベンツSSK

 

1977年-1980年 ルパン三世 (TV第2シリーズ)

放送期間:1977年10月3日 – 1980年10月6日
放送回数:全155話
放送時間:月曜 19:00 – 19:30

【第2シリーズの特徴】

最も有名なシリーズで、「赤いジャケット」のイメージ、テーマ曲「ルパン三世のテーマ」もこのシリーズで生まれました。

ルパン達の舞台は世界になり、彼らを追う銭形も警視庁からICPOに出向し、五ェ門の表記が五右ェ門に変更になっています。『TV第1シリーズ』で言及されていた「ルパン帝国」の存在設定も無くなっています。

ルパンの愛車はアルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ。この他にもMiniや前作終盤および映画『ルパン三世 カリオストロの城』にも登場したフィアット・500に乗っています。

 

1984年-1985年 ルパン三世 PartIII

放送期間:1984年3月3日 – 1985年12月25日
放送回数:全50話
放送時間:土曜 19:00 – 19:30

【PartIIIの特徴】

本作は第3作目であることが『PARTIII』という番組名で区別できる唯一のシリーズとなります。原作からの抜粋を中心にハード&アダルト路線を軸とした作品が目立ち、全く違った一面を出したシリーズです。

 

2012年 LUPIN the Third -峰不二子という女

放送期間:2012年4月4日 – 6月27日
放送回数:全13話
放送時間:土曜 19:00 – 19:30

LUPIN the Third -峰不二子という女

テレビアニメ『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』の放送開始40周年を記念し、27年ぶり[4]に連続テレビアニメシリーズとして制作されました。

峰不二子を主人公とし、ルパン、次元、五ェ門、銭形警部ら5人の若いころの活躍を原作漫画が連載された「1960年代後半から1970年代前半」をイメージして描いた作品になっています。『ルパン三世』のアニメシリーズでは初めてルパンが登場しないエピソードも存在。

シリーズ初の深夜アニメということもあり、原作版をリスペクトした前衛的かつエロティシズムに溢れたアダルトテイストの作風で従来の作品では少なかった乳首の露出も多くなっているようです。

またルパン三世のテレビシリーズでは初めて、原作漫画の「♂マークと♀マークを絡ませた濡れ場表現」が登場しています。

 

TVスペシャル「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」とは?

2016年1月8日、金曜ロードSHOW!「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」新作テレビ初放送されました。(21時00分~22時54分)

2年ぶりの新作スペシャルとなる今回では、18世紀にヨーロッパを席巻した天才詐欺師ことカリオストロ伯爵の遺産を巡るエピソードになっているそうです。カリオストロ伯爵とは、宮崎駿さんの映画初監督作品の名作「ルパン三世 カリオストロの城」に出てきた悪役・カリオストロ伯爵のことです。

ルパン一味と謎の敵・仮面伯爵がバトルを展開していきます。ルパンと銭形がタッグを組んで挑む「車VS列車」のチェイスシーンなど派手なアクションシーンも見どころになっています。

金曜ロードSHOW! 1月8日 OA「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」

<ストーリー>

レベッカ・ロッセリーニが何者かによって誘拐された。彼女はサンマリノ共和国の名家に生まれ、イタリア最大手のホテルチェーンを経営するロッセリーニ財閥の若き会長。ゴシップに事欠かない有名人であるレベッカの熱狂的なファン・ピエトロという男が誘拐犯であり、彼が占拠した列車が暴走をはじめる! 一方、ルパンは「あるお宝」を狙っており、レベッカにどうしても近づく必要があった。そして、レベッカの救出に向かうルパン。 実は誘拐犯ピエトロを裏で糸を引いていた謎の人物がいた。その人物は仮面伯爵と名乗り、レベッカ誘拐事件の前に、ルパン三世に挑戦状を出していた。その内容とは「あるお宝」をどちらが先に手に入れるか勝負しようというもの。そして、「あるお宝」とは、かの有名な「カリオストロ伯爵の遺産」! 「カリオストロ伯爵の遺産」を巡り様々な人間が交錯していく。イギリス秘密情報部MI-6 ニクスや、イタリア警察のセルジオ、レベッカを追うパパラッチ・サロや、カリオストロ伯爵の子孫ガスパーレ…。果たして仮面伯爵は一体誰なのか?そして、張り巡らされた仮面伯爵の罠に、ルパンは打ち勝つ事ができるだろうか…?最も危険なイタリアン・ゲームが今幕を開ける!!

https://akiba-souken.com/から引用