2016年11月21日、日本テレビ系列『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』では、「深イイ話」パートにてモロ師岡さんの妻であり、ひとりコントの女王の異名で知られている楠美津香さんが密着されます。

名バイプレイヤーのモロ師岡さんを旦那さんに持つ超ファンキーでカラフルなヘアでバイクにまたがり、18歳の一人娘・菜々さんがいる楠美津香さんと子どもが生まれた当時、モロ師岡さんから仕事復帰に猛反対されてから夫婦の間は微妙な関係にについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?楠美津香のプロフィール

出典:

名前:楠 美津香(くすのき みつか)
生年月日:1962年3月24日
出身地:東京都
血液型:
特技:足袋を履くところから着物を3分44秒で着る
趣味:ギターを独学で練習、ヴァイオリンでチャールダッシュを弾く、ボディビルディング
最終学歴:横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校)
職業:楠流家元、女優

ブログ:沙翁役者日記(2016年11月8日からスタート) http://gedo329758.blog.fc2.com/
旧ブログ:スーパー美津香-Hi http://gedo329.blog81.fc2.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kusunokimitsuka/
オフィシャルサイト:http://kusunoki-mitsuka.com/
メール:kusunoki.mitsuka@gmail.com

受賞歴

1987年10月 第2回NHK新人演芸コンクール演芸部門最優秀賞
1992年 国立演芸場 花形演芸会銀賞受賞
1994年 国立演芸場 花形新人大賞特別賞受賞

コントコンビ「ふらみんご」時

女優志望だった楠美津香さんは、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)の専任講師も務めていた音曲漫才コンビ・内海桂子・好江の漫才教室でお笑いに目覚めて卒業後の1982年に級友と「ピックルス」を結成してお笑いオーディション番組『お笑いスター誕生!!』9週勝ち抜きを果たしました。

1984年頃に女性コントコンビ「ピックルス」を解散後、「コントきゃんでいず」を結成しましたが短期間で解散し、1986年にコントコンビ「ふらみんご」を結成して翌年の1987年10月、第2回NHK新人演芸コンクール演芸部門最優秀賞を受賞してからは1989年頃に解散。

その後は、ストリップ劇場幕間のコメディアンやDJ、ラジオパーソナリティを経て放送作家やコント作家として活動をしながらモロ師岡さんが演じるひとりコントのライブを見たことで舞台復活を決意し、1992年から今はなき東京・渋谷の東京山手教会地下にあった渋谷ジャンジャンにて東京に生きる女性たちの実像と虚像を描いた一人コント「東京美人八景」を1996年まで上演していました。

1992年の夏頃にモロ師岡と結婚し、1993年4月からは1年間だけフジテレビ系列『たけし・逸見の平成教育委員会』(にレギュラー出演して知名度を集めていきました。娘・菜々さんを出産して育児を経て1999年から一人コント「プラチナプレイガール」のライブを再開し、2000年からは一人コント「ひとりシェイクスピア」をライフワークとして上演を続けています。

 

俳優の妻たちが秘める奥の深い夫婦愛が深イイ?

番組終了後に更新していきます。