昨年夏まで「うな丼」として販売していた吉野家が2015年6月1日から今年からウナギのサイズを大きくして「鰻重」を発売すると発表したばかりで、うなぎが食べたくなってしまった人もいるのではないでしょうか。

株式会社すき家本部が展開する牛丼チェーン「すき家」では、2016年4月27日より期間限定で「うな丼」「うな牛」を発売しています。そして何より気になるのが魚のプロが厳選する無添くら寿司が2016年3月4日から発売している「すしやのうな丼」です。

吉野家すき家くら寿司

出典:http://www.yoshinoya.com/
出典:http://www.sukiya.jp/
出典:http://www.kura-corpo.co.jp/

この機に土用の丑の日の由来やうなぎを食べる理由や天然と養殖の違いなど当たり障りなく勉強も踏まえながら「うな丼」、「鰻重」を頂きましょう(笑)。

スポンサードリンク

土用の丑の日とは?、その由来は?

土用の丑の日というと夏をイメージする人も多いと思いますが、実は春夏秋冬の季節ごとありますが、うなぎを食べる習慣があるのは夏の土用の丑の日ですので、間違いというわけではありません。

土用とは、土旺用事(どおうようじ)の略で、万物は木、火、土、金、水の5種類の元素からなるという五行説からきています。春=木、夏=火、秋=金、冬=水と割り振ると「土」が余ってしまいます。

そこで、土の性質はすべての季節に等しく存在するとこじつけて、四立(立夏/立秋/立冬/立春)の直前の約18日間を土用としています。かなり無理矢理なこじつけ方だと思いますが(笑)。

丑の日とは、字の通り十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の丑のことです。つまり土用の中で丑の日にあたる日が土用の丑の日という事になります。2016年の土用の丑の日は

・冬 1月20日(水) 2月1日(月)
・春 4月25日(月)
・夏 7月30日(土)
・秋 10月22日(土) 11月3日(木)

※丑の日が2回こともあり「一の丑」「二の丑」と言います

土用の丑の日の由来は主に2つあるようです。

大体の人が知っているのは、平賀源内(幕末の万能学者)が、「夏場にウナギが売れないので何とかしたい」と相談してきたうなぎ屋の知人のために「本日、土用の丑の日」と書いて張り紙をしたところ大繁盛したことが由来。

大田 南畝(天明期を代表する狂歌師)が「神田川」という、うなぎ屋に頼まれ「土用の丑の日に、うなぎを食べたら病気にならない」という内容の狂歌を作って宣伝したという説。

2つの共通点は、うなぎ屋が宣伝していたと言うことですね。

 

吉野家は「鰻丼」から「鰻重」へ

6月1日(月)10 時より全国の 「吉野家」店舗にて、「鰻重」の販売を開始。うなぎは中国・広東省の専用池でシラスから育てた 厳選されたものを使用し、今回より一枚当たりの鰻も大きくし、これまで以上にご満足い ただける商品だそうです。

うなぎをもっとたくさん召上りたい、という要望にも応えるために、「二枚盛」に加えて、新たに 「三枚盛」もご用意とボリュームアップ。しかし、値段が・・・、と思った人も多いのではないでしょうか。

吉野家鰻重

出典:http://www.yoshinoya.com/

「丼」と「重」で何が違うか皆さんご存じでしょうか。答えは「名前と入れ物の違い」に辿り着くようです。うなぎは元々、庶民的な食べ物で丼で十分だったそうですが、これに目をつけたお偉いさん方が冷めたら美味しくないと蓋とお重の下に引き出しを作ってお湯を入れて冷めにくくしたのが始まりだそうです。

今のように蓋がある丼が登場するのは明治時代に入ってからで、大正時代に入ると、陶器の器ではなくもっと高価な器(漆塗り)が登場したようです。

注意点ですが、家の鰻重セットはお持ち帰りできない事セットのお漬物は変わる場合がある点です。

鰻重一枚盛:820円   (鰻重単品の一枚盛:750円)
鰻重二枚盛:1220円 (鰻重単品の二枚盛:1150円)
鰻重三枚盛:1720円 (鰻重単品の三枚盛:1650円)
※すべて税込

吉野家は通年販売しています。

うなぎの旬は?天然と養殖の違い、すき家「うな丼」「うな牛」ついて知りたい方、続きは次のページへ