2018年5月21日、日本テレビ系列『人生が変わる1分間の深イイ話』では「男よりたくましい女性は本当に幸せ?」をテーマに瀬戸内寂聴さんに唯一人間力を認められている愛弟子、徳島県で移住コーディネーターをしているEカップグイグイ姉さんこと小林陽子さんが遂に密着です。

 

移住コーディネーターを初めて5年間で徳島県に約2500人も移住に成功さえている小林陽子さんは、前職で5000万円~1億円の借金を抱えた壮絶な過去と絶望の淵から救った寂聴の言葉、小林陽子さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

超強烈キャラの愛弟子・小林陽子とは何者?

瀬戸内寂聴さんは、ほぼ毎日お客様が来るそうです。深イイの密着取材中に来ていたお客様は、「美容整形した陽子」と言われると自ら興味をわかせる話題をぶっ込んできた超強烈キャラ弟子・小林陽子さんでした。

徳島県の文化向上のために瀬戸内寂聴さんが手弁当で始めた寂聴仏教塾の第2期生だった超強烈キャラ弟子・小林陽子さんは、お調子者なところもあるそうですが寂庵にくると瀬戸内寂聴さんは元気になるそうです。

取材中に95歳の瀬戸内寂聴さんが、超強烈キャラ弟子・小林陽子さんと一緒に阿波踊りを踊っていました。

小林陽子さんは、日和佐(現・美波町)で生まれ育ち、大学進学で関西に行ってから、卒業後は大阪で夫と優雅なマンション暮らしだったそうです。

小林陽子さんは、ウィーンの森バーデン市劇場の日本公演の総合プロデュース*を約20年間務め、交渉術や事前に危険を察知する力が養われたそうです。
※キャストや大道具・小道具などのスタッフや劇団員のワーキングビザやツアーの手配やポスターやパンフレットの作成・PR、チケット販売や資金繰りをすべて一人でこなしていた

実家の新聞販売店を継ぐためにUターンしたところ、経営が悪化や人口減により徐々に衰退している故郷の姿を見て危機感を感じてボランティアで移住支援を始めました。

現在は、美波町役場から正式に移住コーディネーター「ウェルかめコーディネーター」の委託を受け、新聞販売店で培った情報網を使って移住支援を行い、名物コーディネーターとして一目置かれているそうです。