2018年3月5日、日本テレビ系列『成功の遺伝史5』では世界に誇る様々な分野で成功収めた日本人25人のうちの1人、米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員がそれまでの過程で多大な影響を受けた日本人アーティストが明かされます。

 

当時(2012年)、バラク・オバマ大統領の一般教書演説で紹介され、正常細胞は傷つけずにがん細胞だけをやっつける方法「がん光免疫療法」を開発した小林久隆さんのWiki(経歴)と影響を受けた日本人アーティストについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

小林久隆さんが、マウスの実験から治療法の論文を2011年12月に発表した「がん光免疫療法」の国内初の臨床試験が、千葉県柏市にある国立がん研究センター東病院で再発頭頸部がん患者を対象に2018年3月から初めて2020年に実用化を目指して動いているそうです。

 

米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発した「がん光免疫療法」とは?

テレビのリモコンに使われている人体に無害の近赤外光と開発した薬剤を使って反応する化学物質をがん細胞表面のたんぱく質に結びつく抗体に付着させてがん細胞をピンポイントで攻撃することができるそうです。

 

WIKIPEDIAより詳しい?小林久隆のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前  小林 久隆(こばやし ひさたか)
生年月日  1961年
出身地  兵庫県西宮市
血液型  
身長  
体重  
出身高校  
出身大学  京都大学医学部
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム