駅弁事業者が苦境に追い込まれている厳しい状況にも関わらず、1日で3万2000食を売りまくる驚異の駅弁事業者が創業107年、日本一の駅弁メーカーとして知られる横浜駅・崎陽軒が2015年9月10日、テレビ東京系列『日経スペシャル カンブリア宮殿 〜村上龍の経済トークライブ〜』で特集されます。

 崎陽軒本店 ビアレストラン アリババ(亜利巴巴)

 出典:http://rocketnews24.com/

駅弁として人気が高いですが、地元・横浜では、家庭での食事としても利用され、食べ放題、工場見学もあります。崎陽軒は地元住民の心を鷲掴みにできたのか?冷めても美味しいシウマイに隠された知られざる最強弁当の秘密について、当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

崎陽軒の歴史【前篇】※シウマイ弁当誕生まで

明治41年4月、4代目横浜駅長であった久保久行氏は、退職後、知人であった高橋善一氏(後の東京駅長)の働きによって、妻である久保コト(旧姓野並)の名で、横浜駅(現在のJR桜木町駅)構内営業の許可を得て、牛乳、サイダー、ミルク、餅を取り扱っていました。

鉄道網の整備によって、横浜駅を桜木町駅とし、横浜駅と平沼駅の間の高島1丁目に新しい横浜駅を設け、平沼駅を廃止するという計画が実施され、(現在の)横浜駅開通と同時に匿名組合崎陽軒がスタート。

1915年(大正4年)8月15日、平沼材木町に営業所をおき、上弁当が25銭、並弁当15銭、お茶4銭で販売。匿名組合になった半年後、支配人であった大塚浅太郎氏が過労のため体調を崩し、野並茂吉氏が代わって就任されました。

野並茂吉は、経営を見直すため、衛生設備・炊飯用具の改良・資本金の充実などに取り組み、崎陽軒発展の第2弾として匿名組合から合名会社に法人化しました。1923年(大正12年)5月15日代表社員には野並茂吉が就任。

合名会社崎陽軒を設立したのも束の間、同年9月1日、関東大震災に見舞われ、二階建ての調理場は崩れ落ちてしまいました。震災の復興のためにも、駅頭では外米の牛丼・カレーライスを販売して非常時の旅客供食に努めたそうです。

野並茂吉

出典:崎陽軒(野並茂吉)

横浜名物崎陽軒のシウマイを独自開発・販売開始!

震災から立ち上がった野並茂吉氏は、他では、小田原には蒲鉾、沼津には羽二重餅、静岡にはワサビ漬、浜松にはウナギというように、土地の名物を工夫していましたが、崎陽軒には特色がないことに気づき将来性を考えたそうです。

「一刻も早く崎陽軒独特の商品を出さねば」と考え、久保久行氏の孫・久保健氏と共に、横浜名物を作る事を決心。1927年(昭和2年)、有名になっていた横浜南京街(現在の横浜中華街)を歩き、突き出しに出される「シューマイ」に目をつけました。

汁もないので弁当の折詰には適していたが、シューマイは冷めたらとても食べられる物ではありませんでした。そこで、南京街の点心職人・呉遇孫(ご ぐうそん)をスカウトし、最後には久保健氏も野並茂吉氏も調理場に入り、呉遇孫(ご ぐうそん)が何気なく貝柱を混ぜて食してみたところ、素晴らしい味になり、1928年(昭和3年)3月、冷めてもおいしいシウマイが完成。揺れる車内でもこぼさぬよう、ひとくちサイズにしました。
※シウマイに使う干貝柱は北海道猿払村産を使用

「シウマイ」の掛け紙 昭和38年

出典:崎陽軒

1928年(昭和3年)、横浜駅が再度、高島町から現在地高島通りに移転。平沼営業所から駅西口東横線ホーム下の土地を借り受けて調理場その他を新設し合名会社崎陽軒の本拠とし、1934年(昭和9年)、東口に購入しておいた土地倉庫に横浜駅前支店として中華料理店を開店。

1943年(昭和18年)、木造二階建て・述べ200坪の中華料理専門の食堂に新築しましたが、肉の統制でシウマイは製造中止、海苔統制で寿司も製造中止、戦時色雑炊を作る雑炊食堂になっていました。

1945年(昭和20年)5月29日、横浜大空襲により西口の営業所、出来て間もない東口の食堂も灰になり、崎陽軒は全てをなくしました。1946年(昭和21年)、横浜駅舎内の構内食堂として、株式会社崎陽軒食堂に営業許可が下り、和洋食喫茶食堂としてKY食堂(KIYOKEN YOKOHAMAのイニシャル)と名づけました。喫茶とは名ばかりで、定食が主体でした。

社章

出典:崎陽軒

1948年(昭和23年)、株式会社崎陽軒食堂と合名会社崎陽軒は対等吸収合併し、社名を「株式会社崎陽軒」と改め、初代社長には野並茂吉が就任。社章には、横浜市章の菱形をかたどり、二つの組合せは合併された二つの崎陽軒を意味しています。

戦前から販売していた「シウマイ」でしたが、東京発の乗客はまだ空腹ではなく、東京へ向かう乗客は駅弁を食べる時間がないという理由で、駅での販売には不向きでした。そこで、販売の形態を考えて1950年(昭和25年)、タバコを売る“ピース娘”からヒントを得て「シウマイ娘」が誕生しました。

シウマイ娘

出典:http://shizuko164.blog.fc2.com/

戦争の傷跡が残る横浜に明るさを取り戻す事も含め、横浜駅ホームに赤い服を着てたすきをかけ、手籠にシウマイを入れ「シウマイはいかがですか」と、車窓から売り歩く「シウマイ娘」が評判を呼び、「横浜にシウマイ娘あり」、「同じシウマイを買うなら、シウマイ娘から」と言われるほどになりました。

 

崎陽軒の歴史【後篇】※シウマイ弁当誕生まで、続きは次へ