吉田豪インタビューで清原和博の薬物容疑の真相はわかっていた?

「おもしろい大人」は、吉田豪さんの『月イチ豪外』!

出典:http://www.tbsradio.jp/

プロインタビュアーの吉田豪さんが2015年3月18日TBSラジオ『たまむすび』で元プロ野球選手の清原和博さんにインタビューした際の模様について話していました。

DMMのニュースサイトで『好きな人をインタビューしていい』っていう企画が始まることになり、『誰、やりますか?』って言われて吉田豪さんは『そんなの、DMMだったら1人しかいないでしょ。CMに出ていた清原さんを引っ張り出しましょう』ということがきっかけだったそうです。

吉田豪さんは、野球について何も知らない状態で、コネもゼロでDMMを使えばインタビューいけるんじゃないかと思っていたそうですが、案の定、インタビューが実現できたそうです。

2014年の離婚問題から薬物使用疑惑で、清原和博さんは、ほぼマスコミに出ない状態でテリー伊藤さんの取材を受けたぐらいでした。

昨年(2014年)を振り返り「去年1年間で流したなみだはプロ23年で流した涙よりも多かった」と口にした清原和博さんのインタビュー内容ですが、引用で紹介させていただきます。

その一番の理由が“収入”。生涯年俸はなんと51億2300万円、18歳でプロになってから引退するまで、毎月25日には自動的に何千万と振り込まれていた給料がゼロである。一流のプロ野球選手として、見栄を張るためにガンガンお金を使っていた清原にとってはかなり辛い現実だったという。

それでも一時期は野球解説やバラエティで活躍していたものの、“薬物使用疑惑”で状況は一変。かつてコンビニに行ったことがなかったという清原、その当時を振り返り「外に出るとマスコミがいるからコンビニで何百個もおにぎりを食いました」と語ったそうだ。

薬物使用疑惑とは、2014年に週刊文春が報じたもので、糖尿病で治療をしていた清原にかけられた疑惑のことである。また、その疑惑を直撃した文春の記者に掴みかかりICレコーダーを破壊、恫喝したとスクープされている。これに関し清原は「僕も初めて病気で入院して、気が滅入っているときだった」と説明。度重なる報道に「(糖尿病の)治療を止めて、ゆるやかな自決をしようとまで思っていた」そうだ。

それ以降仕事も激減、メディアに現れなかったからだろうか、ついには“死亡説”まで流れてしまった清原。普段めったに連絡が来ない父親から急に電話があり「お前が死んだって取材が来たぞ」と報告されたこともあったという。

かつてない苦境に立たされてしまった清原だが、吉田氏曰く今は持ち直し元気な姿を見せているという。今年の活動に関しては、まずは自分を見つめ直すために「衣装もそろったので四国の巡礼をしようかと」考えているそうだ(清原の体型に合う衣装がなかったため用意に時間がかかったそう)。手術したひざの影響でもうスポーツ選手としては復帰できないと語っているが、「自分を信じて待ってくれた人に恩返しをしたい」と前向きに未来を見据え始めている清原、また再びファンの前に元気な姿を見せてもらいたい。
TechinsightJapanから引用

【補足?】

清原和博さんが使用していたと思われるのは、アンフェタミン系興奮剤の「グリーニー」で、飲むと不眠になり、腹が減らず、集中力が出るなど覚せい剤と同じような効果があるようで、コーヒーに溶かして服用していたそうです。

清原和博さんの薬物使用が始まったのは1998年ごろと言われています。オリックスに移籍する前には相当薬物にのめり込んでいたとチームメイトが証言しています。

疲労感が消えることから、筋トレが必須といわれるパワーヒッターは重宝していたそうですが、メジャーリーグでは2006年から禁止薬物となりました。日本でも禁止薬物です。

覚せい剤で逮捕された元プロ野球選手といえば江夏豊さんと野村貴仁さんがいます。

2006年10月31日、高知市内で覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された野村貴仁さんは、1997年~2001年まで巨人に在籍していたので、ちょうど清原和博さんと在籍時期は重なりますね。野村貴仁さんは現役時代に「グリーニー」を服用していたことを裁判で供述しています。

スポンサードリンク

離婚は浮気が原因?

2000年12月8日、木村亜希さんと奈良県の大神神社にて挙式。に2002年に長男、2005年には次男が誕生し、結婚しても子供が生まれても、清原和博さんの“夜遊び”は収まらなかったようです。

そもそも独身時代から「夜の三冠王」、「六本木の種馬」の称号は球界に知れ渡っていた清原和博さんは、不倫癖でも有名だったそうです。

結婚間もない2000年10月の日本シリーズ宮崎合宿では、ホステス風の女性と宮崎市内のホテルで会っていたり、2001年の宮崎キャンプでも同じホテルで、別の女性とのツーショットを目撃されています。

2014年9月22日にファックスで離婚を発表しました。離婚の原因は不倫旅行が濃厚と言われています。恐らく2009年に発覚した3件の事ではないかと言われているようです。

  • 2009年3月、TBSのスペシャルナビゲーターとして解説者をするために渡米し、WBC米国ラウンドに臨んだ際に愛人女性を同伴し、飛行機内や空港などでイチャつく姿が目撃
  • 5月には、F1モナコグランプリ中継番組のスペシャルキャスターとして現地へ。ここでも3月の渡米した時と同じ女性と成田空港に現れました。その女性と思われる人物が、スタッフとして実際の放送画面に映っていたそうです。帰国も2人一緒だった
  • 9月には神戸、大阪を3泊4日の旅行もしていた

※高級クラブ「R」(銀座7丁目の「リッツクラブ」の雇われ)のY子ママは、清原和博さんより少し年上の美女と噂されています

言い出すときりがないようですが、(大阪の)新地やミナミのクラブで『私は清原の女です』と言うのが何人いたことか。札幌遠征の試合時には『昨日から清原の女がいっぱい来て大変だった』と関係者がボヤいていたこともあるそうです。

 

離婚は刺青が原因?

離婚は刺青が原因

出典:http://matome.naver.jp/

清原和博さんは2008年にオリックスを引退後、右足のふくらはぎに竜を彫ったことに激怒したのが亜希夫人は大激怒しましたが、「主人は(指導者として)球界に復帰したいと言っています。入れ墨は私が責任を持って消させますから」と、関係者に頭を下げていたそうです。

上半身にも刺青があるようで、目撃した人間によれば、左胸から背中に向かって竜が這うそれは、タトゥーというよりヤクザも顔負けの入れ墨そのものだそうです。上半身も和彫だと思われます。離婚原因は刺青だけとは考えにくいですが・・・。

2014年12月2日、米大リーグで活躍した大魔神こと佐々木主浩さんの野球殿堂入りを祝う祝賀会に出席した時に周囲の目を気にせず「入れ墨を全部消して出直せよ」と諭すように清原和博さんに言い放ったとニュース記事になっていましたね。

 

『ダウンタウンなう』で清原和博さんがメディア初出し連発で明かした内容から2016年2月2日覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された今は?続きは次へ

清原和博1