2016年7月15日、日本テレビ系列『沸騰ワード10』では「白子たけのこ」の量産に成功して1億円を稼ぎ、トライアスロンの元プロアスリートから日本一の農家を目指す男で農業界の武井壮こと風岡直宏さんが再出演です。

風岡 直宏

出典:http://taberutimes.com/

「白子たけのこ」と「クワガタ」でフェラーリを2台所有したことがあり、夏になるとクワガタ王に変身し、情熱大陸出演を熱望している風岡直宏さんと㊙捕獲法、武井壮とのガチンコ決戦内容ついて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?風岡直宏(タケノコ王)のプロフィール1/2

風岡 直宏1

出典:http://taberutimes.com/

名前:風岡 直宏(かざおか なおひろ)
生年月日:1973年??月??日
出身地:静岡県富士宮市
身長:186cm
体重:70kg
職業:トライアスロンの元プロアスリート → 農家&直売所「風岡たけのこ園」の経営者
備考:食事は一日2食で昼はプロテイン
Facebook:https://www.facebook.com/kazaokanaohiro/
関連サイト:http://taberutimes.com/posts/producer/kazaokanaohiro

小学生3年の頃に父親のたけのこの袋持ちから始め、掘る技術2、3年で身につきました。
※たけのこは、表年(出る年)と裏年(出ない年)が交互に来る為、竹を熟知するのに歳月がかかるようです

高校時代に大失恋をしてしまい、高校卒業後してからも彼女のことが忘れられなかったそうです。当時は携帯電話もなく、連絡がとりにくかったこともあり「スポーツで目立てば彼女に自分の姿を見せられる」とトライアスロンのプロアスリートになりました。

風岡 直宏toraiasuron

出典:http://taberutimes.com/

23歳の時に故障をきっかけに引退してから運送業のアルバイトをしたお金で1990年代後半に黒いダイヤと言われて高値で取引されるほどクワガタムシブームに目をつけ、風岡直宏さんが24歳の時にクワガタムシの飼育と繁殖を始め、自宅の庭の小さな小屋で商売を始めたところ、年間3000万円ほどの売り上げになったそうです。
※クワガタで稼いだお金でフェラーリ・テスタロッサ(当時の新車価格で2,640万円)

フェラーリ・テスタロッサ

出典:http://taberutimes.com/

風岡たけのこ園の経営にも加わるようになってから安定供給ができなかたそうですが、3年程で幻のたけのこ「白子」の量産する方法に辿り着き、経営も上向きになっていきました。

その儲けから2台目のフェラーリ・F355スパイダー(当時の新車価格で1,490万円)を購入し、当時の特選外車情報F-ROAD(エフロード) で特集を組まれ、タケノコを掘りまくって84回ローンを僅か2年で完済しました。

フェラーリ・F355スパイダー

出典:http://taberutimes.com/

フェラーリを手放した理由は、嫁がフェラーリ嫌いだったことが離婚原因?のようで、離婚の話になった時に誠意を見せる為にフェラーリを手放し、頭を丸めて謝ったそうです。フェラーリを売ったタイミングと離婚成立が重なったので「離婚の慰謝料にフェラーリを持っていかれた」と噂されたそうです。
※離婚した嫁との間には、息子がいるそうです

 

風岡直宏(タケノコ王 → クワガタ王)さんのクワガタ㊙捕獲法とは?主演した映画とは?白子たけのことは?続きは次へ