2015年10月19日、日本テレビ系列『人生が変わる1分間の深イイ話』では「お金持ちに生まれたら本当に幸せなのか?」と題してシロウト主婦から年収3500万円を超える株式会社 シュガープラスの女社長へ転身したグイグイさんこと加藤美佐子さんが出演されました。

代表取締役 加藤美佐子1

出典:女性の癒し加藤美佐子社長ブログ

グイグイいく性格のようで、変に気を使わない性格がほかの事業者の方にはなかなかウケがよく、とある出版パーティーで知り合った社長とわずか5分でヘリコプターに乗せてもらう約束をしたこともある加藤美佐子さん、娘であり取締役でもある加藤瑠美さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?加藤美佐子のプロフィール

 

代表取締役 加藤美佐子

出典:株式会社シュガープラス 代表取締役 加藤美佐子 | 情熱社長

本名:加藤 美佐子(かとう みさこ)
生年月日:1967年3月26日
血液型:O型
好きな食べ物:餃子 もんじゃ
好きな動物:
好きな色:ピンク
年収:3,500万円以上
資格:JHTAハーブセラピスト、メディカルハーブコーディネーター、AEAJアロマテラピーアドバイザー
Twitter(ツイッター):@rurikasugarplus
Facebook:https://www.facebook.com/misako.kato.94
ブログ:女性の癒し加藤美佐子社長ブログ
HP:株式会社 シュガープラス

子供の頃は、いつも将来の自分とか、夢とか色々と空想をしていて学校の先生に怒られていたそうです。小学生の時の夢は、漫画家になることで友達と一緒に作品を描いて投稿したりしていました。何かを表現することが好きでだったそうです。
※友達は、今ではプロの漫画家さんとして活躍しているそうです

高校生になると、某プロダクションに入り、モデルとして芸能活動を始め、テレビの生放送に毎日出演させてもらったそうですが、会社員の男性と結婚。娘で取締役の加藤瑠美さんを出産した事をきっかけに芸能活動を一時休止していましたが、娘のあまりの可愛さに仕事に戻れないまま主婦として、家庭を支える中心の生活になりました。

やがて娘が大学を卒業した同じ頃に、父が他界。父の死を目の当たりにした加藤美佐子さんは「後悔したくない。だから、来ることは全部やろう!」と決意し、やりたいことの為に必要だったのが起業という選択肢だったそうです。

加藤美佐子さんは、専業主婦という素人から、いきなりビジネスの世界へ飛び込むことに尻込みすることなく、むしろ興奮して意外に簡単に会社を作れる事を知り、大はしゃぎで株式会社シュガープラスを設立しました。

最初は、将来のビジョンは持っていなかったそうです。とにかく、大切な事はお金を使わずに手持ちのものを使ってやった方がいい思い、最初は知り合いの占い師さんと一緒に鑑定会を行ったり、娘・加藤瑠美さんが読者モデルをしていた関係で、読者モデルのキャスティングを行い始めました。

それから、徐々に利益を生み、大好きなコスメやモデルのキャスティングを本格的に始めるようになりました。お店の商品のデザインやアイディアは「可愛い」にこだわって、加藤美佐子さんが全部プロデュースしているそうです。

オリンピックの東京開催、政府が推進しているクールジャパンなどの世界各地で日本の文化を広めるイベントで「ASIA KAWAII WAY」に出展。

日本の「可愛い」と世界の「可愛い」をコラボレーションしていこうと2014年1月にシンガポールに新しく会社「SUGAR PLUS SINGAPORE PTE. LTD.」を設立しています。

加藤美佐子さんの娘で取締役の加藤瑠美さんもかなりの経歴の持ち主です。親子揃ってすごい感じです。1990年7月24日生まれの現在25才です。名前の「るび」の由来は生まれた7月の誕生石がルビーだったからと、父親が母親にプレゼントした指輪がルビーだったからです。

供の頃、「ラブベリー」というローティーン雑誌のイベントに遊びに行ったとき、スカウトされたそうです。そのまま「ラブベリー」の専属モデルとなり、中学生向け雑誌「Hanachu」でも同様に専属モデル。大学に進学してからも、読者モデルとして活動

2009年19才でミス成城の準グランプリに輝き、翌2010年1月には上戸彩プロデュースのウェディングドレスブランド「U AYA UETO DRESSES」のコレクションに出演を果たしています。

 

娘・加藤瑠美さんはどんな人?加藤美佐子曰く「必要なのは努力ではなく、無我夢中になること」のその真意は?続きは次へ