2018年3月22日、フジテレビ系列『奇跡体験!アンビリバボー』ではジャーナリストで経営者として働く女性の先駆者で今なおアメリカで最も尊敬される女性のキャサリン・グラハムさんの全米メディア史上最大事件が特集されます。

 

20世紀最高の自伝と評されている「キャサリン・グラハム わが人生」を再構成した映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が3月30日に公開されるキャサリン・グラハムの人生とペンタゴン・ペーパーズ事件について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

アメリカ合衆国の新聞社経営者・キャサリン・グラハムの名言とは?

キャサリン・グラハムさんのんぶつぞうを調べようとするとサジェストワードに「名言」というものが気になったので、どんな名言を遺されているのかまずは調べてみました。

“A mistake is simply another way of doing things.” ― Katharine Graham

「間違いとは単に、ある事をする別の方法なのよ」- キャサリン・グラハム

Bromidic though it may sound, some questions don’t have answers, which is a terribly difficult lesson to learn.

月並みに聞こえるが、ある問題は、答えがなく、学ぶことが極めて難しい課業である。

出典:http://yukari-akiyama.com/