2015年9月14日、日本テレビ系列『しゃべくり007』では「先輩・後輩ココが変だってよ007」と題して神木隆之介さんが初登場です。実写映画『バクマン。』の公開も間近で演技も私生活も申し分ないのに私服がダサいそうです。

神木隆之介

出典:映画『バクマン。』公式サイト

同じ事務所の先輩・後輩の間柄というわけで、二人の普通とはちょっと違う“変”なところを紹介されるようです。「どうしてもやってしまうこと」、「叶えたい夢」などが明らかになるそうです。それでは当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?神木隆之介のプロフィール

 神木隆之介1

 出典:神木 隆之介 – アミューズ オフィシャル ウェブサイト

名前:神木隆之介(かみき りゅうのすけ)
生年月日:1993年5月19日
出生地:埼玉県富士見市
出身校:日出中学校芸能コース→堀越高等学校TRAITコース
身長:167 cm
血液型:B型
職業:俳優
活動期間:1995年 –
事務所:セントラルグループ・セントラル子供タレント→アミューズ

出生当初は大病をして体が弱く、助かる確率は1%だったらしく、生きている証を残したいと、母親が2歳でセントラルグループ・セントラル子供タレントへ入団させ、トイボックスの「ミッキーのおしゃべりハンドル」のCMに出演されました。

1999年、テレビドラマ『グッドニュース』でドラマデビューを果たしました。2004年、映画『お父さんのバックドロップ』で、プロレスラーの父親と距離を置く息子役を演じ、2005年、アミューズに移籍しています。同年、映画『妖怪大戦争』で主演し、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しました。

2006年7月1日、単発ドラマ『探偵学園Q』でドラマ初主演し、2007年、連続ドラマ化されました。

2008年、テレビドラマ『風のガーデン』で知的障害児役を演じる。

2010年、NHKスペシャルドラマ『心の糸』ではろう者役の松雪泰子の息子役を演じ、手話とピアノの特訓を受け、2011年にモンテカルロ・テレビ祭男優賞にノミネートされました。

2010年10月から放送されたテレビドラマ『11人もいる!』で主演。2012年4月7日、『劇場版 SPEC〜天〜』に出演し、同年、8月11日に公開された『桐島、部活やめるってよ』では「ヘタレ」の高校生を演じました。

2012年1月8日から12月23日の間に放送されたNHK大河ドラマ第51作目になる『平清盛』で源義経を演じているのですが、実は、2005年(小学5年生の時)、大河ドラマ『義経』で牛若丸を演じており、同じ人物の幼少期と成人期を演じたのは、神木隆之介さんで2人目です。
※1人目は、1996年『秀吉』と2009年『天地人』で石田三成を演じた小栗旬さん

2013年、テレビドラマ『家族ゲーム』に出演し、優等生の二面性を演じ、高い評価を得て、2014年、映画『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』に、原作でも人気の高い瀬田宗次郎役で出演されました。

2015年10月3日より2008年より2012年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された原作:大場つぐみ・小畑健『バクマン。』の実写版が公開されます。高木秋人(たかぎ あきと)役を演じます。今話題の若手本格派俳優として注目を集めています。

(2015年9月時点)

 

おしゃれイズムでうっかりミスで掟破り?続きは次へ