ガルバニック電流のより金属イオンが発生

因みに、人間の唾液は、電氣を通す性質があります。口の中の歯の詰め物や被せ物の間に流れる現象をガルバニック電流といいます。異なった種類の金属が口の中に存在すると微量の電流が発生し金属イオンが溶け出すからアレルギー症状が発生したということなんですね。

試さなくてもいいことですが、アルミ箔を噛むとキーンとなるのもガルバニック電流の一種ということになるようですよ。

体に身につける金属だけ意識するだけではダメみたいですね。歯科金属が口の中に無い方に対して、「うらやましい!」と思ったのは自分だけでしょうか?

 

金属アレルギーの症状とは?

・口の中に出る症状(接触性皮膚炎様症状)

口内炎、味覚異常、舌などの灼熱感・疼痛、ほほの内側に出来る編み目模様の白い斑点、歯茎の変色、etc

・全身疾患として出る症状(遅延型アレルギー)

しみ、しわ、蕁麻疹、頭痛、うつ、自律神経失調症、アトピー性皮膚炎、神経症状、立ちくらみ、関節痛、etc

スポンサードリンク
歯科金属アレルギーだけで髪が抜けるとは断言しにくいですが、様々な原因によって症状が引き起こされる局部だけでなく全身型金属アレルギーになる可能性もあるとわかりました。
それにしても、どれだけ症状があるんでしょうか。肩こりも関係していると聞いたことがありますが真相はどうなんでしょうね。

ザ!世界仰天ニュースを観ると、真相は子供の頃に詰めた銀歯による金属アレルギー。金属アレルギー反応により、毛を作る組織が破壊され、毛髪が抜けていた原因を取り除くことで見事、回復して良かったと思います。

ザ!世界仰天ニュースのゲストに狩野英孝さんが出演されてましたが、アレルギーのテスト結果で小麦粉アレルギーで麺系ダメという結果でした。「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」のネタが否定されているようである意味「さすが!」と思ってしまいました。

金属アレルギーの予備軍は約1000万にはいると推測されている現代、回避できるのであれば何とかしたいものです。
歯科、皮膚科、専門医に相談や、アレルギーに対しての知識も身につけておくことが何よりも大事という事になるのでしょう。

 

まとめ

・金属アレルギーは金属+汗、唾液等がアレルギー発症の原因
(菌、傷も組み合わさると金属アレルギー体質になるリスクが高くなってしまうようです)

・原因となる金属に触らない、口の中の場合は取り除く

・全身型金属アレルギーは、歯科金属だけが原因とは限らないので、皮膚科、歯科でもよく相談する

・歯みがきなどで口内を清潔にすることが大切

・アレルギーは科学的に厳密にいえば「(完全には)治らない」ので気をつける