2016年3月2日、日本テレビ系列『ナカイの窓』では「元局アナSP」と題してNHKと民放キー局出身のアナウンサー元NHKアナウンサー 宮川俊二さん、元日本テレビアナウンサー 上田まりえさん、元テレビ朝日アナウンサー 佐々木正洋さん、元TBSアナウンサー 渡辺真理さん、元フジテレビアナウンサー 高橋真麻さん、元テレビ東京アナウンサー 亀井京子さんが出演です。

出典:

それぞれのアナウンサー時代の秘話を大暴露をしたということで2010年から1月から復帰して劣化したという噂やアナウンサーになったのは野球選手と結婚するためという疑惑を含めて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?亀井京子のプロフィール

亀井京子

出典:亀井京子オフィシャルブログ「かめぶろ」

本名:林 京子(はやし きょうこ)※旧姓:亀井
出身地:兵庫県宝塚市
生年月日:1982年8月23日
血液型:O型
身長:162cm
出身高校:小林聖心女子学院高等学校
最終学歴:聖心女子大学文学部
職歴:元テレビ東京編成局アナウンス部
趣味:プリザーブドフラワー、バイオリン、ピアノ、アロマテラピー、犬と散歩
特技:健康料理、子供向きのヘルシーお菓子、英会話
活動期間:2005年 –
配偶者:林昌範(DeNAベイスターズ投手)※2016年3月時点
家族:一男一女
事務所:オーケープロダクション
ブログ:亀井京子オフィシャルブログ「かめぶろ」

聖心女子大学に在学中の時に集英社のファッション雑誌『Cancam』や『MORE』の読者モデルをしていました。また、圭三塾、テレビ朝日アスクなどの複数のアナウンススクールにも通っていました。

2005年4月、テレビ東京に入社後は『スポーツ魂』や『ワールドビジネスサテライト』などに出演し、『ウイニング競馬』司会者などを務めました。

2007年12月7日、当時はプロ野球読売ジャイアンツの投手の林昌範さんと結婚を機に主婦業に専念するために2008年3月31日付でテレビ東京を退職しました。

2008年10月6日に第1子となる長女を出産。

2010年1月にオーケープロダクション所属としてフリーアナウンサーとして再デビュー後、同年4月に第2子の妊娠を公表しました。

2010年9月2日に長男を出産。

 

アナウンサーになったのは野球選手と結婚するため

SMAPの中居正広さんから「野球選手と結婚するためにテレ東に入ったんでしょ?」と質問され亀井京子さんは「野球を見た事がない」と答えたすぐに「見た事はあると思う」とSMAPの中居正広さんにいじられていました。

アナウンサーの内定通知は、面接したその日に電話で連絡がくるそうで、不合格の場合はかかってこないということで、その日は帰って家にずっと居たそうです。

アナウンサーになろうと思った理由は亀井京子さん曰く

「実家が関西で、大学はこっち(東京)なんですけど こっちで就職するってなった時に母親とか両親とか、祖父とかに頑張ってるのを見せられるのはアナウンサーかなって思って。私たちの時代、日本テレビイベントコンパニオンっていうアルバイトがあって女性誌に取り上げられて、アナウンサーの登竜門っていう感じのアルバイトだったんですよ」

ということだそうです。

亀井京子さんは、日本テレビの最終面接の4人に残って、2分の1の確率て受かる状態だったそうです。受かるんじゃないかと厚かましい気持ちを持ったせいか落ちて、性格のいい古閑陽子さんが受かったそうです。邪念があると駄目だなと語っていました。

 

テレビ東京時代に亀井京子はスタッフの指示「YC」、「UC」で丸見えに?

亀井京子さんが在籍していた時は、大橋未歩さんのバストが、週刊誌の「フライデー」、「フラッシュ」の巨乳アナウンサーというカテゴリーでフューチャーされていたそうです。

その話題に当時の「スポーツ番組、競馬番組(ウイニング競馬)」のディレクターが乗っかってしまいエッチなカメラ位置で、胸がギリギリのところまで見えてしまったことがあり、翌日上司に呼び出されてから服の首回りにガムテープを貼って胸が見えないようにしたそうです。

2015年12月5日に放送されたTBSテレビ系『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』に出演していた時にテレビ東京にしかないカメラ割りとして

「カメラさんに渡される台本に、スポーツ番組だと、アルファベット表記でYC、UCって書かれているんですよ。YCは『横乳カット』、UCは『上乳(カット)。1回上から来て、丸見えになっちゃって・・・」

と似たようなことを暴露しています。

ビーチバレーの取材中に薄着になった際、写真週刊誌に撮られ「おっぱいがポロリした」みたいな見出しで書かれたことでスポーツ局に謝罪しに行ったところ、上司から雑誌に番組情報も掲載されていたことで逆に喜ばれたというエピソードを語っていました。

 

テレビ東京時代は衣装が自腹だった?

スタジオ収録ではスタイリストがついているそうですが、ロケ、取材になると衣装は自腹だったそうです。年間に衣装代が7万円の支給はされていたそうですが、足りなかったそうです。