冷蔵庫の余り物を探していた家事えもん(松橋周太呂さん)は、スザンヌさんのお母さんが作った紹興酒を効かせたチャーシューを食べて「メッチャ美味い」と大絶賛していました。スザンヌ家の箸を使った時、「親戚みたい」とコメントしたときに「親戚になって」と公認?されていました。

【料理篇】

家事えもん(松橋周太呂さん)かけ算レシピ

今回のかけ算レシピは、餃子のアン×豆腐そうめん×バターを掛け合わせた2品です。それでは「かけ算レシピ」スタートです!

かけ算レシピ① 余ったギョーザの餡×豆腐で、女性大好きヘルシーグラタン

余ったギョーザの餡×豆腐で、女性大好きヘルシーグラタン

材料(1人分)
餃子のアン 適量※スザンヌ家の冷蔵庫の余り物
木綿豆腐or絹豆腐 1丁
牛乳 大さじ3杯
鶏ガラスープの素 小さじ1杯
とろけるチーズ 適量※スザンヌ家の冷蔵庫の余り物
塩 少々
コショウ 少々
パセリ 少々

<作り方>

①豆腐を水抜きしておく。

【松橋式・豆腐の水抜き方法】

【1】2枚重ねにしたキッチンペーパーでくるむ。
電子レンジ使用可のキッチンペーパーを使うこと!!

【2】電子レンジ500Wで2~3分チンする

【3】30分くらいかかる水抜きが、たった3分で完了!

②水を抜いた豆腐は半分に切る。半分は残し、片方を1cm幅にカットする

③1cm幅にカットした豆腐はゴマ油で炒め、焼き目をつけて取り出す

④残っている豆腐の半分・牛乳・鶏ガラスープの素をフードプロセッサーで撹拌(かくはん)し、豆腐ホワイトソースを作る

⑤ギョウザのアンを炒める

⑥皿に、焼き目のついた豆腐・炒めた餃子のアン・豆乳のホワイトソース・チーズの順で盛り、200℃のオーブンで5分程焼き目がつくまで焼けば完成

余ったギョーザの餡×豆腐で、女性大好きヘルシーグラタン1

餃子のアンを豆腐がマイルドにして、旨味を倍増させてくれるそうです。和・洋・中ごった煮の食材ですがミルフィーユのような変わった味のようですが、ご飯と一緒でもいけるそうです。また、お酒のアテとしてもオススメだそうです。

スポンサードリンク

かけ算レシピ② 余ったそうめん×バターで、サクサク手作りクロワッサン

余ったそうめん×バターで、サクサク手作りクロワッサン

材料(1人分) そうめん 100g※スザンヌ家の冷蔵庫の余り物 バター 大さじ2杯 砂糖 小さじ1杯 メープルシロップ 適量 バニラアイス 適量 溶かしバター 適量

<作り方>

①そうめんを茹で、水洗いしぬめりを落とし、そうめんは水気を取っておく

②バター・砂糖となじませるために混ぜる

③麺を割りばしに巻き、クロワッサンの形を作る
【秘密道具④:割り箸(クロワッサンの形を作るのに便利)】

【1】割り箸の片方だけにそうめんをかけて、幅をだんだん細める

【2】もう片方の割り箸に巻きつけていく

【3】割り箸を抜く

④クロワッサンに刷毛でバターを塗る。

使う機会はそうなく、持ち腐れになりがちな刷毛を家事えもん(松橋周太呂さん)は家にあるもので簡単に作る方法を紹介していました。
【松橋式・ハケの作り方】

【1】クッキングシートを10cm位の幅に切り、半分に折りたたむ!

【2】さらに折り、そしてもう一回折る

【3】はさみで縦に切っていく

【4】割り箸にくるっと巻き、テープで止める

使い捨てのハケ

⑤表面がカリっとするために、200℃のオーブンで10分ほど焼く

かけ算レシピ② 余ったそうめん×バターで、サクサク手作りクロワッサン

⑥メープルシロップをかけ、アイスクリームを添えて完成

そうめん1本1本がバターと絡まりクロワッサンの様にサクサクで、アイスクリームとの愛称も抜群だそうです。家事えもん(松橋周太呂さん)は、試作で大きすぎたら何かに火が通らず、小さすぎると焦げてしまうそうで、大きさに大変苦労したそうです。

家事えもん(松橋周太呂さん)は、熊本県のスザンヌの実家に11時間滞在したそうですが、日帰りロケだったんですね。北斗晶さんも、アレンジ料理をよくしていますが「超強力なライバル出てきた!」といいながらも称賛していました。

家事えもん(松橋周太呂さん)帰京

最後に今までの家事えもんシリーズをまとめた記事を紹介して終わりたいと思います。

かけ算レシピ第1弾は赤いフレッシュトマトそうめんとキラキラゼリー

かけ算レシピ第2弾は冷汁とチキン南蛮とミルクかき氷!

かけ算レシピ第3弾はカレーライス・チャーハン

かけ算レシピ第5弾は塩サケ×油揚げで本格フライとヘルシーちらしと寿司ゼリー×食パンで新食感の冷製スイーツ