2015年7月16日に放送された『あのニュースで得する人、損する人』の番組内容は「出張!家事えもん」と題し、以前スタジオで家事えもんの活躍を目の当たりにしたスザンヌさんが「是非お会いしたい!友達になりたい!」ということで、熊本にあるスザンヌの実家にお邪魔しました。

家事えもん(松橋周太呂さん)

引っ越してまだ1年弱のスザンヌの実家はキレイだが、早速汚れたものがあるというキッチンへ・・・。さて掃除と料理のプロ・家事えもん(松橋周太呂さん)のかけ算レシピ、秘密道具も当たり障りなく紹介してきたいと思います。

スポンサードリンク

購入してずっと使い続けて25年以上も経過しているポットの焦げ付いた汚れを家事えもん(松橋周太呂さん)の秘密道具と得する掃除術でどこまできれいになるのでしょうか。気になりますね。それでは【掃除篇】から紹介していきます。

【掃除篇】

火にかける調子道具はベタベタで焦げ汚れがこびりつきがちです。タワシで擦ると汚れもある程度落ちますが、傷がついてしまいます。家事えもん(松橋周太呂さん)が使った秘密道具は

秘密道具①:鍋+重曹

家事えもん(松橋周太呂さん)秘密道具1

①まずは鍋に水200ccに対して、重曹を大さじ1杯の割合で入れていく
※キッチン用の重曹を使用して下さい

重曹は料理の時、膨らし粉やアク抜きに使います。また、油汚れを落としたり消臭の効果もあります。湧いた状態で重曹を入れると吹きこぼれるので、火をつける前に重曹と、さらにポットを入れること。

キッチン用重曹は、スーパー・100円ショップ・薬局で購入可能です。

②煮込み始めて5分ぐらいで、焦げ汚れが剥がれて浮いてきます
二酸化炭素の泡で焦げを剥がし、油を乳化させて汚れをとるそうです。

剥がれそうな汚れ

③ポットをひっくり返し反対側も5分ぐらい煮込んで、焦げ汚れが剥がれて浮いてくるのを待つ

【比較的短期間で汚れた調理器具の場合】

火をとめてから約2時間つけ置き

【比較的短期間で汚れた調理器具の場合】

火をとめてから約30分つけ置き

④焦げは軟らかくなっているので、簡単に擦るだけで剥がれ落ちます。

それでも落ちにくい汚れに対して家事えもん(松橋周太呂さん)が使った秘密道具は

秘密道具②:ジーンズの生地

ジーンズの生地

汚れを拭き取るときに使うのは、一般的には雑巾など思い浮かべると思いますが家事えもん(松橋周太呂さん)が紹介したのがジーンズ生地でした。ジーンズは表面が均等にデコボコしていて素材が綿なので、ゴシゴシ擦っても傷つけにくいという優れものだそうです。

家事えもん(松橋周太呂さん)曰く、新品だと藍色が付いてしまうので、使い古しのジーンズが
また、ポケット部分を切って手を入れて使用すると、より磨きやすいそうです。

家事えもん(松橋周太呂さん)が五徳の汚れとして喜んでいたのがコンロの汚れでした。ここで新たな秘密道具が活躍しました。それは

秘密道具③:マイナイスドライバー

マイナスドライバー

取り外しのきかないレンジ周りの焦げ汚れは煮込むことができないため、焦げ汚れ・ベタベタ油汚れが簡単に落とすことが出来ないときに役立つのがマイナスドライバーだそうです。その使い方は

①マイナスドライバーにジーンズを巻きつける

②キッチン用重曹をまき、汚れた部分をこする。

ドライバーの尖った先端が細かい汚れの部分まで届き、力がドライバーの先端に集中するので、少ない力で強く磨くことができるそうです。しかし、力を入れすぎると、コンロを傷つけてしまいますので、力加減に注意が必要です。

 

家事えもん(松橋周太呂さん)の絶品かけ算レシピ【料理篇】を紹介していきます。続きは次へ