かけ算レシピとは冷蔵庫の余り物×安くて意外な食材=本格料理という事です。家事えもん(ジューシーズ・松橋周太呂さん)は、掃除だけではなく料理の腕もプロ級ですが、芸人なのですがしゃべりは「まだえもん」だそうです。(「まだえもん」は、フットボールアワーの後藤輝基さんが言っていました)それでは、まず1品目です。

節約かけ算レシピ① 夏にピッタリ ピーナッツ冷や汁

冷蔵庫の余り物×ピーナツバター約16g=ピーナッツ冷や汁 プラス55円(1人分)

夏にピッタリ ピーナッツ冷や汁

出典:http://www.ntv.co.jp/

材料(約3人前)

冷たいご飯 適量
白だし 150cc
水 300cc
きゅうり 1本
なす 1本
トマト 1個
ピーナッツバター 大さじ4(かけ合わせ材料)
ツナ 1/2缶
ごま油 大さじ1

<作り方>

①なすの皮をむき、みじん切りにしで多めの水にさらしておく。
(なすの皮をむくとエグみなく割と爽やかに食べられる為。家事えもん曰く、ナスが苦手な人は皮をむくとだいぶナスの感じが抜けて、ナスが甘くてリンゴみたいな味がするそうです。)

②きゅうり、トマトをみじん切りにする

③白だし、水、ツナを加え、ピーナッツバターを溶かす。

④なす、きゅうり、トマトをボールに入れ③を混ぜ合わせ、最後にごま油を加えて軽く混ぜてる

家事えもん曰く、山形で有名な「だし」っぽい感じをイメージしているそうです。冷や汁は、味噌を入れたり、ゴマを入れたり、甘みになるものを入れますが、家事えもんは「ピーナッツバター」で代用したようです。

-ここまでの行程で汁が完成-

⑤冷やごはんに完成した汁をかける

スポンサードリンク

節約かけ算レシピ② ピンクのタルタルチキン南蛮

冷蔵庫の余り物×柴漬け約10g=ピンクのタルタルチキン南蛮 プラス19円(1人分)

ピンクのタルタルチキン南蛮

出典:http://www.ntv.co.jp/

この料理は、タルタルソースと甘酢あんも作ります。

材料(約3人前)

鶏胸肉 1枚
水 大さじ1
砂糖 ひとつまみ
塩 少々 ・コショウ 少々
天ぷら粉 50グラムほど(小麦粉でも可)

▼タルタルソース▼
柴漬け 30グラムほど(かけ合わせ材料)
マヨネーズ 大さじ3
ゆで卵 1個
塩 少々
あらびきコショウ 少々

▼甘酢あん▼
めんつゆ 大さじ2
酢 大さじ2
はちみつ 大さじ2
砂糖 大さじ1
水溶き片栗粉
※カンタン甘酢の場合:すし酢大さじ2 はちみつ大さじ2

タルタルソース、甘酢あんは簡単に作れますので、作り方を一つの流れで紹介します。

<作り方>

①包丁で鶏肉を開いて大きな一枚のお肉にする。

②鶏肉をやらかくする為にフォークで刺して穴を開ける。

③ビニール袋などにお肉の量の1/10くらいの水、砂糖ひとつまみとお肉を入れもんでしばらく置く。

家事えもん曰く、穴を開けるのは水が多く入ってきやすいようにするためで、砂糖は水を外へ出て行かないように留めてくれます。そうすることで鶏胸肉のジューシーさを増すことができるそうです

④しば漬けでタルタルソースを作る。

④-1.しば漬けを細かくみじん切りにし、ゆで卵もみじん切りにする。

④-2.みじん切りにしたしば漬けとゆで卵を器に入れ、マヨネーズを入れ、よくかき混ぜ、しば漬けの汁を適量加える。

④-3.塩・こしょうで味を整えたら「ピンクのタルタルソース」が完成。

家事えもん曰く、ピンクのタルタルソースは万能調味料になり、パンにつければ和風卵トーストになり、サンドイッチに挟めば和風卵サンドイッチにできるそうです。

⑤鶏胸肉を袋から取り出し、キッチンペーパーで余分な水気を拭き取る。

⑥天ぷら粉を鶏ムネ肉にまぶして、中火で10分両面を焼く。

家事えもん曰く、天ぷら粉にはベーキングパウダーなど小麦粉以外にもいろんなものが入っているので、卵をつけて→小麦をつけて→・・・という手間が省け、尚且つ、ふっくら仕上がるそうです。

⑦甘酢あんを作る

⑦-1.めんつゆ、砂糖、酢、はちみつを火にかけ一煮立ちさせる。

⑦-2.水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。

※カンタン甘酢の場合:すし酢にはちみつをまぜてレンジで40秒ほど温める(すし酢には砂糖などがすでに入っているため)

⑧焼き上がった鶏胸肉に、はちみつとすし酢の甘酢あんをかけ、ピンクのタルタルソースをかけて完成。

 

そして最後のデザートは話題の台湾スイーツのマンゴーかき氷風のかけ算レシピは?続きは次へ