「家事えもん」こと、芸人・松橋周太呂さん(ジューシーズ)が提案する高級中華店のようなチャーハンの美味ワザが紹介されていましたので紹介したいと思います。「パラッとしているけど、口に入れたらパサパサしていなくて、しっとりしている」そのチャーハンは

家事えもん・松橋流 「パラしっとりチャーハン」

パラしっとりチャーハン

材料
ご飯(300グラム)
卵(2個)
ラード(大さじ2)
酒(大さじ2)
塩コショウ(少々)
中華だし(小さじ1/2)

<作り方>

①(ボウルに、)あら熱をとったご飯に大さじ2杯ラードをかけ、ご飯になじませる
POINT:ご飯を炒める前に油を浸透させる(ラードでぬめりをコーティング)

②ラードでコーティングしたご飯に大さじ2杯のお酒を入れてなじませる
POINT:お酒を加えることでご飯の甘みが増す

③ご飯にラードをなじませているので油をひかずにフライパンにかける

④炒めたご飯に塩コショウ(少々)と中華だし(小さじ1/2)を少々加え火が通ったらフライパンから降ろす
POINT:ご飯と卵は別々に炒める(卵のカサつきを防ぎ、しっとり感をだすため)

⑤フライパンで溶き卵を素早くかき混ぜ、その中に先に炒めたご飯を入れかき混ぜて完成
POINT:ご飯を入れたらすぐに火を止める(キレイに卵とご飯を混ぜるため)

 

家事えもん・松橋流かけ算レシピ① タコライス風チャーハン(野菜も一緒に取れるチャーハン)

タコライス風チャーハン

材料
松橋流「パラしとチャーハン」※作り方はこのページのTOPで紹介しています
豚ひき肉(200グラム)
トマト(半分)
レタス(1/6:100グラムほど)
パプリカ(1/4)
チーズ(30グラム)
オリーブオイル(大さじ2)
ケチャップ(大さじ5)
ウスターソース(大さじ1.5)
塩コショウ(少々)
ニンニク(小さじ1/2)
温泉卵(1個)

<作り方>

①小さめの鍋にオリーブオイルを大さじ2杯入れ、ニンニクの香りが出るまで弱火にかける

②豚ひき肉を入れ泡立て器で挽き肉を細かく炒める(お好みで一味を)
秘密道具①泡立て器(ひき肉を細かく炒める時に最適)

③塩コショウ(少々)で下味をつけ、ケチャップ(大さじ5)、ウスターソース(大さじ1.5)を入れてサッと煮てタコミート完成

④松橋流「パラしとチャーハン」をお皿によそい、下記の順番で盛りつける
レタス
タコスミート
チーズ
サイコロ状に切ったトマト
パプリカ
温泉卵

スポンサードリンク

「家事えもん」こと、芸人・松橋周太呂さん(ジューシーズ)は、余ったカレーライスを使ったレシピも紹介していたのですが、カレーライスの美味ワザも勉強しておきましょう。

カレーライスで陥りがちな落とし穴は、お肉が固くなることです。カレーは煮込むほど美味しくなるのですが、お肉は煮込むほど固くなってしまいます。その悩みを解決するのが「ハチミツ」だそうです。ハチミツの酵素(プロテアーゼ)に肉の組織が縮むのを防ぐ効果があるからだそうです。その方法は下記の手順です。

下準備(仕込み)方法

①お肉に塩コショウで下味をつける

②ハチミツを2周ぐらいグルリをかける

③お肉にハチミツを揉み込む

そのほかに主婦100人に聞いた!人気の隠し味BEST3というのもありましたので紹介したいと思います。

第3位:チョコレート(カレーのコクを引き立てるため、ビターチョコの方がより効果的だそうです)

第2位:ルーを2種類入れる(混ぜることでオリジナルの味にできるからだそうです)

第1位:インスタントコーヒー(コーヒーの苦みがコクを増すそうです)

「家事えもん」こと、芸人・松橋周太呂さん(ジューシーズ)も驚いたカレーのコクを出す食材がありました。それは「お餅」でした。4人前のルーに対してお餅1個を八等分煮きって入れることで、餅米のでんぷんがルーに溶け込んで3日間ぐらい煮込んだ感じにトロトロになるそうです。

 

それでは最後に今までのレシピも含め、家事えもん・松橋流の「カレー」かけ算レシピを紹介します。続きは次へ