2015年10月8日に放送された『あのニュースで得する人、損する人』では家事えもんこと松橋周太呂さんがホラン千秋さんと伺ったのは、ブラジル出身の今年18歳になる娘を育て上げた、主婦歴21年のベテラン主婦タレント・マルシアのお宅でした。

松橋家事えもん

お風呂の鏡にたっぷりこびりついた水垢や掃除がしにくい蛇口まわりをすっきりキレイに落とす秘密道具、揚げない揚げまんじゅうのかけ算レシピを当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

【バックナンバー】更新される前にご覧下さい。

かけ算レシピ第1弾は赤いフレッシュトマトそうめんとキラキラゼリー

かけ算レシピ第2弾は冷汁とチキン南蛮とミルクかき氷!

かけ算レシピ第3弾はカレーライス・チャーハン

かけ算レシピ第4弾はグラタンとクロワッサン

かけ算レシピ第5弾は塩サケ×油揚げで本格フライとヘルシーちらしと寿司ゼリー×食パンで新食感の冷製スイーツ

かけ算レシピ第6弾は冷やし坦々風うどんとエッグベネディクトとキラキラゼリー

マルシアさんのお家に訪れた家事えもんこと松橋周太呂さんは、とても綺麗なお家でどこも汚れがなさそうでしたが、お風呂場を開くと「ありがとうございます!」と喜びの笑顔がこぼれました。

マルシアさんの自宅のお風呂場の鏡ですが、たっぷりこびりついた水垢がありました。お風呂場の鏡にたっぷりとこびりついた水垢の正体は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムです。

<掃除術①>お風呂の鏡にたっぷりこびりついた水垢

 

<掃除術②>掃除がしにくい蛇口まわり

 

<かけ算レシピ①>【シイタケ】×【ヨーグルト】で「旬のシイタケを使った絶品!焼きシーザーサラダ」

材料

(サラダ)

ブロッコリー(茹) 2/3株
シイタケ(自然解凍したもの) 4~5個
ブロックベーコン 120g
プチトマト 4~5個
ロールパン 2個
溶けるチーズ(シュレッドタイプ) 100g
卵 1個
レタス 1/3個
オリーブオイル 大さじ1
粉チーズ 適量

(シザードレッシング)

ヨーグルト 大さじ2
マヨネーズ 大さじ6
オリーブオイル 大さじ2
粉チーズ 大さじ3
塩、ブラックペッパー 適量

<作り方>

ロールパンを8等分に火を通りやすくする為、斜めにカット

予熱した200度のオーブンで3~4分、軽くこんがりと焼く
【ポイント】
ロールパンで大きめのクルトンとして代用します

ベーコンを大きめに切り、炒める

シイタケは、石づき(軸)を残して4等分に切り、ベーコンの脂が残ったフライパンで炒める
【ポイント】
生シイタケを購入した場合は、一度冷凍してから解凍すことで、細胞壁が壊れ旨味が出やすくなり、味や香りが一層引き立ち、ヨーグルトを使ったコクのあるシーザードレッシングをかけても、シイタケ本来の味を堪能できます

ブロッコリーを小房に分けて電子レンジでラップをして600Wで約4分加熱

耐熱皿の上にシイタケ、ベーコン、ブロッコリー、バターロールを彩りよく並べる

⑥の上にシュレッドチーズ、粉チーズを散らし、パンを焼いた後の予熱のきいたオーブンに入れ、200度で5~6分、表面がこんがりするまで焼く

⑦を焼いている間に、キッチンペーパーで簡単ポーチドエッグを作る
家事えもんかけ算レシピ第6弾冷やし坦々風うどん・エッグベネディクト・キラキラゼリーの記事からキッチンペーパーで簡単ポーチ作り方を参照して下さい

ドレッシングの材料:ヨーグルト、マヨネーズ、オリーブオイル、粉チーズ、塩・ブラックペッパーを混ぜ合わせ、手作りシーザードレッシングを作る

⑦が焼きあがったら、その上にレタスを1㎝角程度に切ったものを乗せ、半分に切ったプチトマトを彩りよく散らし、ポーチドエッグを乗せドレッシングをかけて完成

具材を大きめに使用することで、メインとしても楽しめるサラダになります。栄養面でも、シイタケのビタミンDがヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収を助け、相性抜群の組み合わせといえます。

<かけ算レシピ②>【里芋】×【クッキー】で「油で揚げない!簡単 揚げまんじゅう」

材料(まんじゅう6個分)

里芋 170g(皮付き)
ハチミツ 大さじ1
クッキー 11枚(110g)
板チョコ 40g

<作り方>

アルミホイルで皮をむいた里芋に大きくラップして、600Wの電子レンジで4分加熱

食品保存袋にクッキーを6枚入れ、上から瓶などで軽くたたいて、細かく砕く

レンジから出した①の里芋にタオルを被せ、ラップの上から固まりがなくなるくらいまで潰す

②の中に、③のつぶした里芋とハチミツを入れて混ぜてから、袋の1辺を切る

ラップを6枚に切り分け、それぞれの上に6等分に分けて乗せ、平たく広げ、スプーンなどで細かくした板チョコを、等分して広げた里芋の真ん中に乗せてラップの上からチョコを包むように丸める
※まんじゅうの中身は「板チョコ」以外にもアンコやジャム(イチゴ、マーマレード等)、ピーナッツチョコなどもオススメです

別のジッパー付き保冷用袋の中にクッキー5枚を入れ、かたまりが少し残る程度に粗くくだき、④を1つずつ入れて全体に絡め、オーブンの天板に並べる

200度のオーブンで5分程度こんがりと焼いて完成

手が汚れない工程で、つなぎや衣には小麦粉が入ったクッキーを代用しています。アルミホイルを使えば包丁も使用せず、油で揚げない揚げまんじゅうなので、お子様でも簡単に作れる一品です。里芋のホクホク感とクッキーのサクサク感が両方楽しめるスイーツ。

 

今後の家事えもんのかけ算レシピも注目ですね!