WEBでの申し込みの場合※会員登録が必須

※「100枚注文する」として話をさせていただきます

【料金】

丸投げ

出典:年賀状印刷 – 郵便局の総合印刷サービス – 日本郵政

年賀状の種類によって金額は変わりますが、まず

「特選仕上げ年賀状」、「特選絵柄年賀状」、「特選箔年賀状」、「箔押し年賀状」、「特選キャラクター年賀状」の5種類から選びます

料金は8,650円〜13,400円になります。一枚当たり、87円~134円にお年玉付き年賀状代金(52円)が別途かかり、139円〜186円です。

と何気にコストは高めに思います。

【宛名印刷料金】

基本料金1,080円+枚数×30円となり100枚の場合は4,080円になります。

【100枚を宛名丸投げ(まるなげ)した料金】

  • 「箔押し年賀状」の8,650円(15%OFFの場合:7,353円
  • お年玉付き年賀状の5,200円
  • 宛名印刷料金の4,080円

合計:17,930円(15%OFFの場合:16,633円

おたより本舗 年賀状印刷.comでは、全く同じもので比較しているわけではありませんが、今回の郵便局の100枚の合計金額の半額ぐらいで作成してくれます。郵便局の企業努力に期待したいものですが、変わらないのではないでしょうか。

 

カタログ(郵便局窓口)での申し込み

【申し込み期間】

平成27年9月1日(火)~平成27年11月6日(金)

【宛名印刷対象商品】

窓口での申し込みは「平成28年 申年 年賀状印刷」カタログ13~28ページに掲載の商品

【宛名印刷料金】

基本料金2,000円(税込み)【10月30日(金)受付まで1,500円(税込)】

持込はがき
1~10枚 1,200円
11~20枚 2,700円
21~30枚 4,200円
31~40枚 5,700円
41~50枚 7,200円
以降10枚ごとに1,500円追加

【お申込み方法】

宛先にしたい差出人様のご住所・お名前が記載されているはがきを郵便局の窓口に持参。
※はがき以外のもの、コピーなどでは受付できません

<受け付けられない例>

  • 住所が書かれていないもの
  • 住所が不完全と思われるもの
  • 文字が達筆で解読できないもの
  • 文字が不鮮明なもの
  • 印刷範囲の指示が不明なもの
  • 住所や名前など印刷可能数を超えて丸囲みがあるもの
  • 破れているもの
  • 付箋等が貼られているもの

【お支払い方法】

宛名印刷料金は年賀状印刷料金と合わせお支払いください

【お届け方法】

商品は自宅または指定の場所へゆうパックにて届けられます。
※お預かりしたはがきは商品とは別に、ゆうパックにてご返送

【お届けの目安】

12月中旬までに順次お送りいたします。
※年賀状印刷のみご注文の場合と比べお届けまで時間がかかります

 

年賀状を2016年の元旦に届けるための投函期限は?

2015年12月25日(金)まで
※年賀状の引受(受け付け開始)は、2015年12月15日(火)からです

日本郵便の公式ホームページには、2015年12月26日(土)以降、12月28日(月)までに投函した年賀状も“≪できる限り≫元旦に届けられるように取り組みます”と掲載されていますが、確実に元旦に届けるのであれば、期日までに投函しましょう。

 

記入内容の不備は、元旦配達にならない可能性があります!

  • 通常の郵便が届く名前(正式名)で宛名を書いていない
  • 完全な住所を書いていない
  • 郵便番号を指定の枠内に書いていない
  • 異物を貼りつけている
  • 年賀はがきの規定の粋を越えている規定外のもの
  • 年賀はがき自体を加工していて湾曲したり形状が変わっているもの

※年賀はがき以外を使う場合は、表面の切手の下あたりに、赤い文字で「年賀」と忘れずに書き入れて下さい

活用するか、しないかは自分次第です。

【関連記事】
マツコに宛名も丸投げ郵便局員説明しているのは田中美晴!ザンビアでもかわいい笑顔で一人暮らし?