2017年6月15日、フジテレビ系『アウトデラックス』では同年5月24日に約3ヶ月のRIZAPトレーニングで体重-4.9kg、ウエスト-14.5cm、体脂肪23.9%超えから17.8%にまで落として23年ぶりとなるビキニ水着姿でRIZAP新CMでグラビア体形を魅せつけた石田えりさんが出演です。

 

番組内でシベリアンハスキーを失禁させたエピソードの過激発言や過去に映画や写真集でヌードを披露し話題を集めていましたが、今現在も新たな恋愛と60歳でグラビアをする目標にしてるマツコ・デラックスさんにいやらしいおっぱいを絶賛されている女優の石田えりさんについて当たり障り無く紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

Wikiより詳しい?石田えりのプロフィールと経歴・学歴

出典:

本名:内田 恵理子(うちだ えりこ)
生年月日:1960年11月9日
出身地:熊本県八代市
血液型:A型
身長:162cm
体重:49.4kg(2017年5月時点)
スリーサイズ:B85 W60 H88(時期不詳)
カップ:??
体脂肪:17・8%(2017年5月時点)
出身中学:八代市立第二中学校
出身高校:堀越高等学校
配偶者:芳野藤丸(1985年 – 1990年)
事務所:渡辺プロダクション → トライアングルCプロジェクト

ホームページ:石田えり – ERI ISHIDA OFFICIAL WEBSITE(http://www.eriishida.com/)

受賞歴

  • 1981年 第5回日本アカデミー賞優秀主演女優賞・新人俳優賞、報知映画賞新人賞(『遠雷』)
  • 1982年 第20回ゴールデン・アロー賞、演劇部門
  • 1987年 毎日映画コンクール助演女優賞、ヨコハマ映画祭優秀助演女優賞(『ちょうちん』)
  • 1988年 第39回文化庁芸術祭映画部門 新人賞
  • 1989年 第13回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(『嵐が丘』『ダウンタウン・ヒーローズ』『華の乱』)、報知映画賞助演女優賞、芸術選奨新人賞
  • 1991年 第15回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(『飛ぶ夢をしばらく見ない』『釣りバカ日誌2』)
  • 1991年 サウスパシフィック・フィルム・フェスティバル ベストアクトレス賞
  • 2008年 高崎映画祭最優秀主演女優賞(『サッド ヴァケイション』)

楽団「東京パンチョス」のリーダであり音楽プロデューサーのチャーリー石黒さんのオーディションに合格をきっかけに歌手を目指して上京。

堀越高等学校に進学後、1976年10月からNET(現・テレビ朝日)『スター・チャレンジ』のアシスタントを務めて芸能界デビューしました。

1978年に堀川弘通監督の映画『翼は心につけて』のオーディションで1000人の中から主役に抜擢されて骨肉腫に冒されたヒロイン鈴木亜里 役を演じて女優デビューしました。

1981年の青春映画『遠雷』では主人公の妻・花村あや子 役でヌードになり豊満な乳房を披露やお風呂のラブシーンで興奮させられた男性が多くいたそうです。

1985年にミュージシャンの芳野藤丸さんと結婚しましたが1990年に離婚しています。

 

 

シベリアンハスキーが失禁した経緯は?

ミュージシャンの芳野藤丸さんと結婚生活をしていた時に飼っていたシベリアンハスキーが、夫婦げんかの時に石田えりさんがかなりの大声を出していたそうです。

するとシベリアンハスキーを見ると石田えりさんを見つめながら失禁をしていたというエピソードしてした。

 

石田えりの生い立ちや性格的にも大変?今現在の恋愛事情は?

50歳を超えても心は乙女。想像は知識より豊かなり。