日本全国ブランド鯖MAP

日本全国ブランド鯖MAP

北海道・釧路市「北釧鯖」
青森・八戸市「八戸前沖さば」
宮城・石巻市「金華さば」
千葉・銚子市「極上さば」
神奈川・三浦市「松輪サバ」
兵庫・姫路市「ぼうぜ鯖」
鳥取・岩美町「お嬢サバ」
高知・土佐清水市「土佐の清水さば」
佐賀・唐津市「唐津Qサバ」
長崎・五島列島「旬さば」
長崎・佐世保市「長崎ハーブさば」
大分・大分市「関さば」
宮崎・延岡市「ひむか本サバ」
鹿児島・長島町「むじょかサバ」
鹿児島・屋久島「首折れサバ」

元祖ブランド鯖といえば価格トップクラスの高級魚「関さば(大分)」

青森・八戸市「八戸前沖さば」

日本一の脂のりと評される鯖といえば「八戸前沖さば(青森)」

最近は、「長崎ハーブさば」と「ひむか本サバ(宮崎)」と「お嬢サバ(鳥取)」養殖の鯖が増えています。

薬膳アテンダント・池田陽子が考案!最強の薬膳サバ缶メシレシピ

サバのチャイニーズスープを紹介する前に全日本サバ連合会の公式サバMCのロッキー松尾さんと鯖創作料理研究家・佐藤暁子さんが登場。全日本サバ連合会の挨拶は「お疲れサバです」、「ご馳走サバ」、「ご苦労サバです」といったサバが混ざります。

全日本サバ連合会が主催する「鯖ナイト」の最後にサバを愛でるバンドグループ「サバンド」の(替え)歌を歌うがロッキー松尾さんであると紹介されていましたが、鯖創作料理研究家・佐藤暁子さんもバンドに参加することがあるそうです。
替え歌には「サバンド・バイ・ミー」や「サバータイム・ブルース」

サバンド

サバのチャイニーズスープのレシピ

サバのチャイニーズスープのレシピ

美白、肩こり、血行促進、クマに効果的といわれているそうです。

材料

サバの水煮

玉ねぎ(薄切り)
パプリカ(縦切り)
黒きくらげ
にら(ざく切り)
にんにく(みじん切り)

≪調味料≫

水 3カップ
しょう油 小さじ1
オイスターソース 小さじ1


コショウ
黒ごま

<作り方>

調味料とサバの水煮(缶汁も)を鍋に入れる

全て火が通るまで煮込む

塩・コショウ・黒ごまで味を調えて完成

スポンサードリンク
Wikipediaより詳しい?池田陽子のプロフィールと経歴・学歴WIKIPEDIAより詳しい?池田陽子のプロフィールと経歴・学歴

出典:http://www.kanebocos.net/

名前  池田 陽子(いけだ ようこ)
別名義  サバジェンヌ
生年月日  
出身地  宮崎県(大阪育ち)
血液型  A型
身長  
体重
出身高校
出身大学  立教大学
趣味  大衆酒場巡りと鉄道旅(乗り鉄)
職業  薬膳アテンダント*、食文化ジャーナリスト、全日本さば連合会広報担当サバジェンヌ
資格  国際中医薬膳師
所属  全日本さば連合会
事務所  浅井企画
SNS・ブログ
ホームページ  薬膳料理研究家・薬膳アテンダント池田陽子
(http://www.yuruyakuzen.com/)
Facebook
 https://www.facebook.com/yoko.ikeda.79
Twitter

ツイッター

 @ankimoyuru(https://twitter.com/ankimoyuru)
ブログ
Instagram
インスタグラム
 ankimoyuru(https://www.instagram.com/ankimoyuru/)

※薬膳アテンダント*とは何かと思い調べてみると体調の改善、美容効果などをふまえて中医学(中国医学)と薬膳食材(生薬)の知識を用いてアドバイスをすることだそうです。
アテンダントとは「飛行機や列車の客室で接客する乗務員・案内係」という意味

書籍

2018年1月19日 「鯖 サバが好き! 旨すぎる国民的青魚のすべて」(全日本さば連合会(著)、池田陽子(著))
2016年9月10日 「不調に効く食べ方 外食だけでスッキリ改善!」
2016年7月30日 「1週間で「腸」からキレイになるおいしい食べ方: 外食・コンビニでもOK!」
2015年4月8日   「滋養ごはん」(池田陽子(著)、検見﨑聡美(著))
2015年2月25日 「「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!」
2013年1月26日 「春夏秋冬 ゆる薬膳。」
2012年6月22日 「缶詰deゆる薬膳。」
2012年1月27日 「食べ方を変えればキレイ&元気になる ゆる薬膳。」

30代中盤 不規則な生活からシミ・シワに悩み、女性誌出版社の編集者から薬膳の道へ
化粧品を買いあさって月に15万円くらいかかっていたそうです

出版社にて女性誌、ムック、機内誌などの編集者として勤務しながら取材を通して身体と心の不調は食事で改善できるのではないかと国立北京中医薬大学日本校に入学して国際中医薬膳師取得。

40代前半 あらゆる薬膳料理を試した結果「サバ缶」に魅了
サバ缶の老舗「マルハニチロ」の国産サバ&信州味噌の本格派月花さば味噌煮と出会って5個も食べてしまったそうです

全日本さば連合会

現在、全日本さば連合会とは、サバ好きが集まりサバ料理を堪能しながらサバカルチャーを発信や週に3日サバ缶生活をしている。

(2017年12月時点)

年齢不詳のようですが、マツコ・デラックスさんの会話のやりとりやリアクションから年齢は50代ではないかとツッコまれていました。