2016年12月12日、日本テレビ系列『全日本歌唱力選手権 歌唱王 2016』が開催です。今回で4回目を迎え、応募総数は25,831件の中から厳しい審査を勝ち抜いた20人が歌唱王の称号と優勝賞金200万円(応援団にも100万円)をかけて激突します。

勝ち抜いた20人の中で2014年11月23日にのど自慢に出演を果たして優勝。小学5年生のころから昭和歌謡の魅力に目覚め、ワンマンライブでは500人を動員したことがある一條貫太さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?一條貫太のプロフィール

出典:

名前:一條 貫太(いちじょう かんた)
生年月日:199?年??月??日
出身地:(千葉市花見川区 在住)
血液型:―型
出身高校:千葉県立柏井高等学校
最終学歴:― 大学

Twitter(ツイッター):@11_2024
(https://twitter.com/11_2024)

 

モノマネ芸人のコロッケさんの歌手のものまねが面白かったことがきっかけで本家の歌を聴くようになり、小学5年生のころに昭和歌謡の魅力に目覚めたそうです。
※当時、アイドル全盛期だったにもかかわらず、一條貫太さんは全く興味を抱かなかったそうです

人前で初めて歌ったのは小学校の合唱祭でしたが、声変わりの時期でうまく歌えなかったそうです。しかし、一條貫太さんは、拍手喝采を浴びて気持ちよかったことを覚えているそうです。

中学校に進学してからは野球部に所属しながら、中学2年生になってから千葉県・八千代台の歌謡教室へ入会し、八千代台東町会の副会長をしている﨑村さんに誘われて商店街のお祭りで熱唱したところこぶしの利いた中学生がいると評判になったそうです。

それがきっかけで地域のイベントや高齢者施設などからも以来を受けるようになり、ボランティアとして歌いました。高校に入学してからは吹奏楽部に所属してサックスを演奏したり、独学でギターを習得しています。
※高校1年生の時に出場した千葉テレビのカラオケ番組で優勝

当時の校長先生が活躍についてブログ校長室だよりに掲載されています

2014年7月27日、札幌市民ホールの大ホールにて一般社団法人日本カラオケボックス協会連合会主催による「2014日本カラオケボックス大賞全国大会」の千葉県代表として出場し、細川たかしの「夜明けの出船」を歌い上げて優勝に輝いた。

現在は、大学に進学を果たし、バックミュージシャンの生演奏で歌う事を目標に向けて、毎日 歌に励んでいるそうです。

 

情報提供お待ちしております。

【歌唱王 出演者の関連記事】

津田碧海(つだまりん オペラ女子中学生)が歌唱王に出場!?Wikiより詳しいプロフィールとは?

山口まりの(女子校生)が歌唱王に出場!?出身高校や彼氏は?Wikiより詳しいプロフィールとは?