2015年10月16日、TBS系『A-Studio』では、番組内で自身の学生時代のエピソードやライブにまつわる秘蔵トークを展開するほか、原点知る友人や人見知りを変えた箱根旅なども明かされるそうです。また、弾き語りを多才な男・星野源さんが披露されるそうです。

 星野源

星野源さんは、くも膜下出血で活動を休止していましたが、それを支えたのはaikoさんだったと言われ、結婚間近や破局説も噂されています。お腹がゆるくてライブ中に1万2000人を残してトイレに行った星野源さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?星野源のプロフィール

星野源1

出典:星野源 オフィシャルサイト

本名:星野 源(ほしの げん)
生年月日:1981年1月28日
出生地:埼玉県蕨市
身長:168cm
血液型:AB型
職業:俳優・音楽家・文筆家・映像ディレクター
尊敬する人:小野坂昌也(声優)
事務所:アミューズ(音楽業)、大人計画事務所(俳優業)
備考:下ネタ好き

【主な出演作品】

映画

(2013年6月8日)『箱入り息子の恋』 – 主演・天雫健太郎 役
(2013年9月28日)『地獄でなぜ悪い』 – 橋本公次 役

テレビドラマ

(2005年4月15日 – 6月24日)『タイガー&ドラゴン』 – 林屋亭どんつく 役
(2006年6月19日 – 8月7日)『アキハバラ@DEEP』 – タイコ役
(2007年7月15日 – 9月30日)『去年ルノアールで』 – 主演・私 役
(2010年3月29日 – 9月25日)『ゲゲゲの女房』 – 飯田(及川)貴司 役
(2011年10月21日 – 12月16日)『11人もいる!』 – 真田ヒロユキ 役

【受賞歴】

第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』)
第68回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(『箱入り息子の恋』)
第35回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(『箱入り息子の恋』、『地獄でなぜ悪い』)
第5回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞(『箱入り息子の恋』、『地獄でなぜ悪い』、『聖☆おにいさん』)
第23回日本映画批評家大賞 新人賞・南俊子賞(『箱入り息子の恋』)

 

母親はボーカル、父親はピアノとジャズでプロをめざしていましたが、1981年、星野源さんの誕生を機に、祖父が経営していた八百屋を継ぎました。実家には大量のレコードがあり、現在に至るまで父親は趣味でピアノを続けているそうです。

星野源さん曰く周辺は「周りに何もない、住宅と赤ちょうちんしかないようなところ」で育ったそうです。そんな田舎のような所で、テレビでマイケル・ジャクソンを見て凄くカッコいいと思い、憧れていました。

中学1年生から演劇活動と音楽活動を同時並行で始め、自由の森学園中学校・高等学校卒業しています。

2000年10月、音楽バンド『SAKEROCK』を結成。2003年に舞台『ニンゲン御破算』の参加をきっかけに大人計画事務所所属し、2007年、テレビブロス9月1日号から、「細野晴臣と星野源の地平線の相談」を連載開始。

映像制作ユニット「山田一郎」(星野源さん、山岸聖太さん、大原大次郎さん)を主宰し、制作したSAKEROCKのMV『ホニャララ』が、2009年SPACE SHOWER Music Video AwardsのBEST CONCEPTUAL VIDEO賞を受賞しました。

2010年6月23日に1stアルバム『ばかのうた』、2011年9月28日、ソロ名義で2ndアルバム『エピソード』を発表。オリコン・ウィークリーチャート(2011年10月10日付)で5位という結果を残し、第4回CDショップ大賞準大賞を受賞しました。

2012年12月22日に、くも膜下出血と診断されたため、活動を休止。2013年2月28日、J-WAVE「TOKYO HOT 100 CHART OF THE YEAR」授賞式にてステージに立ち仕事復帰したのですが、2013年6月ごろに行った定期検査の結果、手術した箇所が万全な状態ではなくなってきていることが判明。

2013年5月1日発売の3rdアルバム『Stranger』はオリコンウィークリーチャート2位を記録。

経過観察と新たな措置が必要との診断を受け、治療に専念することになったため、再びの活動休止。2013年6月29日に行われる予定だった「星野 源 “moment”」は中止、また、7月19日に日本武道館で行われる予定だった「星野 源 ワンマンライブ “STRANGER IN BUDOKAN”」は延期が決まりまり、星野がパーソナリティを務めていた『星野源のラディカルアワー』は、6月28日をもって番組を終了することになりました。

2013年9月26日、再手術が成功し退院したことを発表。2013年に公開された初主演映画・『箱入り息子の恋』や『地獄でなぜ悪い』の演技や、アニメ映画の声優、映画音楽の製作なども評価され、第5回TAMA映画賞、第37回日本アカデミー賞、毎日映画コンクールなどの新人俳優賞を受賞しました。

2014年2月6日、日本武道館で復帰ライブを行いました。

2014年8月20日にリリースした初のライブ映像作品『STRANGER
IN BUDOKAN』は、Blu-ray、DVD両音楽部門でウィークリー1位を獲得。第7回CDショップ大賞2015のライブ映像賞を受賞。

2015年3月25日、公式HPにて音楽活動でのマネージメントをカクバリズムからアミューズへ移したことを発表と初の横浜アリーナ単独公演、2日間を収録したBlu-ray&DVD『ツービート IN 横浜アリーナ』を2015年3月25日リリース。

2015年5月にリリースしたシングル『SUN』(ドラマ『心がポキッとね』主題歌)が、オリコンウィークリーシングルチャートにおいて自己最高となる2位、各配信チャートで軒並み1位を記録するなど大ヒット。

8月には弾き語りソロライブ「星野源のひとりエッジ in 武道館」を開催、2日間でのべ26000人を動員しました。

作家として著書『蘇える変態』、『働く男』、『そして生活はつづく』、『星野源/雑談集1』を刊行。現在、ダ・ヴィンチでエッセイ「いのちの車窓から」を連載しています。またテレビブロスで連載中の細野晴臣との対談「地平線の相談」が15年3月28日に書籍化、9月2日には『働く男』が文庫化されました。

10月からはTBSドラマ『コウノドリ」に出演するなど、音楽家・俳優・文筆家として、幅広い分野で活動中です。

星野 源 – SUN【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】 – YouTube

(2015年10月時点)

 

星野源さんとaikoさんは結婚間近?星野源さんがモテる理由は?続きは次へ