2018年6月11日、日本テレビ系列『人生が変わる1分間の深イイ話』では「高学歴の女性は本当に幸せ?」をテーマに大分県の公立小中高から塾通いも海外留学経験もないままハーバード大学に現役合格、ジュリアード音楽院で学びながらバイオリニストで活動中の廣津留すみれさんが初出演でします。

WIKIPEDIAより詳しい?廣津留すみれのプロフィールと経歴・学歴

出典:https://twitter.com/

母親の廣津留真理さんは、翻訳業を経て現在は独自の「「ひろつるメソッド®」によるブルーマーブル英語教室を経営や家庭学習中心に社会で生き抜くための5つの力とやり抜く力を養い育てられた超絶天才日本ガール・廣津留すみれさんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

超絶天才日本ガール廣津留すみれの母親・廣津留真理の教育・勉強方法とは?

母親の廣津留真理さんは、英語・フランス語・イタリア語・中国語・アイヌ語を習得し、早稲田大学卒業後はフリーランスとして英語とフランス語の翻訳および英語講師業務に携わっていました。

母親の廣津留真理さんは、娘・すみれさんを妊娠している間に200冊ほど育児書を読んでいるうちに家庭教育の重要性に改めて気がつき、子どもと楽しみながら勉強をしたいという思いから家庭学習に注力するようになりました。

家庭学習中心に育てられた娘・すみれさんは、幼稚園には年長の1年のみ通った後は学習塾にも行かずに小中高と地元大分市の公立学校にずっと通い、廣津留すみれじさん自身も家庭で両親との会話や読書や学ぶことの素晴らしさを教えてくれたと家庭学習の機会を与えてくれたことに感謝しているそうです。

 

廣津留すみれの母親・真理の教育法「グローバル時代を生き抜いていくための5つの力」とは?

母親の廣津留真理さんは、学校や塾では決して教えてくれないグローバル時代を生き抜いていくために欠かせない家庭でしか伸ばすことのできない5つの条件ですが、まずは「家庭教育=勉強」ではないそうです。

自らを肯定的に評価する感情「自己肯定感」

廣津留すみれさんの母親・真理さんが、何より重要な条件が「自己肯定感」だそうです。

自己肯定感が高いとあらゆる物事に積極的に関わろうという失敗を恐れずに新たなチャレンジができる姿勢を芽生えさせ、養うために学校や学習塾の減点主義的なテストの点数のみを評価はしない。

子どもの一番近くに寄り添い安心感を与え、「○○ができたから・・・」という褒め方ではなく、無条件の愛情で必要だそうです。

  • アンコンディショナル・ラブ(どんなときも何があってもあなたの味方です)
  • フル・アテンション(いつもあなたを見守っています)

うちの子にできるはずがないという親の決めつけると自己肯定感が育つ邪魔になるため、無限大の可能性があると親が信じること。

 

英語教室で学べないグローバルスタンダードの英語力

グローバル時代を生き抜く為には、英語力は重要なスキルといって過言ではありません。

廣津留すみれさんの母親・真理さん曰く、児童向けスクールでは世界で通用する英語力は身につかないと言っています。

英語力を効率よく伸ばす唯一の方法は

「読む・聞く・話す・書く」の英語4技能のベースになる英単語を子どものうちから多く暗記すること
※廣津留すみれさんの母親・真理さんは、1万5000語ほどの英単語を暗記することを勧めています

高校卒業までに覚えるべきとされている英単語は4000~5000語程ですが、飽きずに暗記を続ける暗記脳を鍛えるには、家庭学習以外にないそうです。

廣津留すみれさんの母親・真理さんが運営している英語教室では、暗記脳を育てる方法を家庭学習でも実践して幼稚園児が英検準2級(高校中級レベル)に合格や留学経験のない高校生が1級に合格もしてるようです。

 

やり抜く力 GRIT(グリット)を育てる

アメリカ人の心理学者アンジェラ・リー・ダックワースが、研究成果を発表する場で何度も才能と努力のどちらがより成功への鍵はグリットの言葉を使用したことにより話題になりました。

GRIT(グリット)は日本語で「勇気、闘志、根性」などの意味ですが、身体能力や知能指数の高さもあるかもしれませんが、個性を活かせる得意分野を作って伸ばす「1つの物事に継続して向き合い完遂する能力」もp家庭教育で伸ばせるそうです。

授になったエリック・ディメインさんを、学校に一切通わせない徹底した家庭学習で育てた父マーティンさんの本は印象的でした。

 

力になる「かわいげ」のコミュニケーション力を身につける

社会に出れば耳にタコができるぐらいコミュニケーション力について語られるものです。

廣津留すみれさんの母親・真理さんのいう「かわいげ」のコミュニケーション力とは・・・

誰に対しても親切に笑顔で接するフレンドリーさであり、偏見なく柔軟に考えるオープンマインドな姿勢で自分に足りないものを素直に認め、その不足を補ってくれる他人に自分を委ねられる能力=かわいげ

かわいげ=「女子力」や「愛され力」といったものとは違い、性差を超えたユニバーサルなサバイバル能力のことだそうです。

点数や偏差値で人の能力や上下を判断する学校教育の現場では、「かわいげ」のコミュニケーション力を獲得する機会が少ないため、家庭教育と両親と笑顔とユーモアに溢れた会話や関わりを増やすことが重要だそうです。

 

マルチタスク力(脳内整理力)

義務教育の基礎となる5教科以外にスポーツや音楽などの分野で得意を伸ばしたり、インターンシップやボランティアといった課外活動を積極的に行うために時間管理の能力を養う。

 

何よりも家庭教育の目標は5条件「自己肯定感、英語力、やり抜く力 GRIT(グリット)、コミュニケーション力、マルチタスク力(脳内整理力)」を養うためには家庭が持っている資源(時間、お金、場所)を集中投下することが大事と言っています。

 

 

 

WIKIPEDIAより詳しい?廣津留すみれのプロフィールと経歴・学歴

WIKIPEDIAより詳しい?廣津留すみれのプロフィールと経歴・学歴1

出典:https://www.instagram.com/

名前
(読み方)
 廣津留 すみれ
(ひろつる すみれ)
生年月日  
出身地  
血液型  
身長  
体重  
スリーサイズ  B?? W?? H?? 
カップサイズ  ??
出身高校  大分県立大分上野丘高等学校
出身大学  
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  https://sumirehirotsuru.com/
Facebook
 https://www.facebook.com/
sumire.violet.9
Twitter
ツイッター
 @sumiresij
(https://twitter.com/sumiresij)
ブログ  
Instagram
インスタグラム
 sumire_vln
(https://www.instagram.com/
sumire_vln/)