2015年9月16日、フジテレビ系列『ホンマでっか!?TV』ではヒロミさんをシェフに迎え温かいキノコのパスタ冷製明太子パスタオイルサーディンとホンマでっか!?な情報を織り交ぜながらお届けする特別編を放送されました。

ヒロミ18

再ブレイクを果たしたヒロミさんは、トライアスロン、エクステラ、クレー射撃、オートバイ、ジェットスキー、ウェイクボード、スキューバダイビング、サーフィン、スカイダイビング、ゴルフ、ルアーフィッシング、スノーボードと多趣味な方ですが当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?ヒロミのプロフィール

 ヒロミ10

出典:ヒロミオフィシャルブログ『時遊人』

本名:小園 浩己(こぞの ひろみ)
生年月日:1965年2月13日(50歳)
出身地:東京都八王子市
血液型:A型
身長:175cm
最終学歴:昭和第一工業高等学校
師匠:星セント
トリオ名:B21スペシャル
相方:デビット伊東・ミスターちん
芸風:コント
立ち位置:真ん中(リーダー、ツッコミ担当)
事務所:ビィーカンパニー(個人事務所)
活動時期:1986年 –
他の活動:俳優、実業家、司会者、ラジオパーソナリティ、トライアスロン競技者
配偶者:松本伊代
資格:小型四級船舶、カリフォルニア州自動車免許、銃所持許可証、大型自動二輪、スカイダイビング2級ライセンス、スノーボード検定2級、スキューバーダイビングオープンウォーター、ライフセーバーライセンスetc…

元暴走族(八王子スペクター)で日産自動車の販売会社で1年程セールスマンを経験しており、しゃべりを駆使して営業成績はトップクラスだったそうです。

自動車の事故で内臓破裂の一時重体になり、生死の境をさまよい医者から家族にも「諦めて下さい」と伝えられたが、長時間の手術の末一命を取り留めました。このことから「好きなことをしよう」と、以前から思い馳せていた芸能界入り決心しました。

「自分1人では無理だが、ルックスのいい2人と一緒なら…」と考えたヒロミさんは、アルバイト先のホストクラブでルックスの良いアイドル志望のデビット伊東さんと、ミュージカル役者&ダンサー志望だったミスターちんさんにそれぞれヒロミが声を掛け、1986年、B21スペシャル結成にまでこぎつけました。

トリオ名は、アメリカの第2次大戦中の重爆撃機「B-29」と、ヒロミが21歳直前の時期に結成した事に由来しているそうです。オシャレ感のない当時の若手芸人らとの差別化を図るため、衣装はDCブランドにしようとヒロミさんが発案。1990年にゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞しています。

1991年9月放送の『1or8』にて、大量のロケット花火を背負って宇宙へ行こうという企画「ヒロミ宇宙へ」に挑戦し、僅かに浮き上がりましたが、火傷を負って入院してしまい、番組も打ち切りになりました。その際、ヒロミさんは「地球は青かった」というコメントを残しています。

1993年、CBC『流行笑会』共演で知り合った松本伊代と結婚。

1997年、最も多忙で週に10本ものレギュラー番組を抱えていました。生意気なキャラクターで先輩の大御所タレントたちをもビシバシと仕切り、お茶の間をわかせ、当時の最高月収は6,000万円といわれています。

2004年、レギュラー番組がゼロになり、瞬く間に仕事がなくなり完全にテレビから姿を消しました。空白の期間はおよそ10年間。ヒロミさんは自身がテレビから消えた理由を、「年下の後輩芸人や若手スタッフにエラそうに接してしまった」からだと分析しています。

2005年、林家こぶ平さんが9代目林家正蔵を襲名した披露パーティの席で「こんな偉い人とは、知りませんでした。…殴ったり蹴ったりしてスミマセン」と番組上の演出として番組内でイジメてきたことを冗談交じりで謝罪しています。
※番組は『タモリのスーパーボキャブラ天国』、『モグモグGOMBO』など

テレビから姿を消してからは、2006年に東京都港区にオープンした加圧トレーニングジムを経営を始め、岩盤浴も経営しているそうです。年商は2~3億といわれていますが、カービィダンスでお馴染みの樫木裕美さんがヒロミさんのジムで専属として働いていましたが独立したことで売り上げが落ちているという噂があります。

2014年以降、テレビのバラエティに本格復帰しています。

(2015年9月時点)

 

ヒロミシェフの温かいキノコのパスタ、冷製明太子パスタとオイルサーディンのおつまみレシピが知りたい方、続きは次へ