2016年12月7日、日本テレビ系列『1周回って知らない話』では「芸能界の気になる夫婦仲・コンビ仲…根掘り葉掘り3時間SP」をテーマに日本テレビ系列『有吉ゼミ』の人気企画・芸能人自宅をヒロミさんがDIYリフォームで腕前が凄いと評判のヒロミさんが出演です。

出典:

フジテレビ『1or8(ワンオアエイト)』の企画「ヒロミ宇宙へ」でヒロミさんの背中に約6000発の大量ロケット花火を背負わせて点火後に強風に煽られて、お尻から両足の後ろ側にかけて重度を追ったことがターニングポイントになっているヒロミさんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

松本伊代は実は肉食女子だった!!

 

 

死にかけた大ヤケド事件がヒロミの人生を変えた?

1991年8月、フジテレビ系の深夜番組『1or8(ワンオアエイト)』の収録中に事件が起こったことをご存じの方もいると思いますが、説明させていただきます。

デビット伊東さん、ミスターちんさん ばかりに体を張ったチャレンジ系企画をさせていたヒロミさん自身は、楽な企画で逃げるばかりだったこともあり、視聴者から投書を呼びかけ1000通来たら企画実行するという方法で「ヒロミ宇宙へ」が選ばれました。

1991年8月、千葉県房総半島東岸にある九十九里海岸で視聴者を集めて耐火対策のためカーレーサーのスーツを着込み、大学の工学部に協力を得て6000本のロケット花火を背負い、ヒロミは浮かびましたが、強風に煽られて火花が尻の部分にまわり、大火傷を負いました。
※ADを実験したところわずかに浮き上がることに成功していたそうです。

見物人によると一瞬でヒロミを火炎に包まれ、撮影スタッフが避難してしまうほどの火の勢いの中でヒロミさんは「熱い!熱い!」と絶叫しながらも、その場から起き上がれない状態で番組スタッフと救急車を呼ぶか呼ばないかで討論になった結果、救急車を呼んで運ばれて事故が確定しました。

 

各局がニュースで取り上げるほどの大惨事に発展し、番組は翌月の1991年9月25日で放送を終了しました。ヒロミさんはお尻から両足の後ろ側にかけて重度のヤケド負い、一部は皮下組織にまで達し、黒焦げになっていたそうです。

太ももの皮膚をヤケド部分に移植する手術後、順調に回復していき、11月1日には完全復帰することができました。この時のヤケドをきっかけにトライアスロン、ジェットスキー、スキューバダイビング、クレー射撃などはリハビリの延長として始めたそうです。

実は、この時から松本伊代さんと交際をしており、松本伊代さんはヒロミさんを一生支えようと思ったそうです。ヒロミさんは、見舞いに来た父親に「怪我をしたのが2人(デビット伊東さん、ミスターちんさん)じゃなくて俺で良かった」と語っていたそうです。

【追加情報】

ヒロミさんは、芸能界に入る前に自動車会社に勤務しており、営業成績トップを取っている頃に自動車の事故で、内臓破裂という大ケガを負っています。

集中治療室で生死をさまよっていましたが、一命を取り留め、回復してきた頃に「人生、好きなことをしよう」と考えが芽生え、以前から胸に秘めていた芸能界に足を踏み入れる決心をしたそうです。

 

離婚危機の真相は?

 

テレビ(芸能界)業界から干されるきっかけになった番組・映像とは?

 

林家一家の林家ペーに大激怒されていた!

 

引退発表を止めた大物芸能人K(木梨憲武)の一言とは?