2015年12月1日、TBS『マツコの知らない世界』では「クリスマスケーキの世界」題して年間2400種類のスイーツを食べるスイーツジャーナリストで1年間にクリスマスケーキを100種類は食べられている平岩理緒さんが出演されました。

平岩理緒1

コンビニから名店まで今から予約可能な厳選7種が紹介され、マツコ・デラックスも「これをもし子どもの頃に食べてたとしたら、もうちょっと素直になってた気がする」と言わせました。平岩理緒さんと厳選7種と2016年2月2日に放送された「埼玉スイーツの世界」でマツコも認めた4大スイーツについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?平岩理緒のプロフィール

平岩理緒

出典:http://allabout.co.jp/

名前:平岩 理緒(ひらいわ りお)
出身地:東京都港区
生年月日:1975年
大学:日本女子大学文学部史学科
趣味・特技:ジョギング、マウンテンバイク、テニス、水泳、車のレース
職業:スイーツジャーナリスト
ホームページ・運営サイト:幸せのケーキ共和国
ブログ①:http://sweets.nifty.com/cs/catalog/sweets_report/writer/writer_0000000015/1.htm
ブログ②:http://www.otoriyose.net/tatsujin/om0014/tt0000833.htm
ブログ③:http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=671
Facebook:https://www.facebook.com/rio.hiraiwa

【経歴】

2000年 マーケティング会社に入社
2001年11月 ケーキ好きのためのWEBコミュニティ「幸せのケーキ共和国」スタート
2002年 7月 TV東京『TVチャンピオン』デパ地下選手権で優勝
2002年 日本フードコーディネーター協会(JFCA)3級認定
2003年 チーズプロフェッショナル協会(C.P.A.)認定資格取得
2004年 日本フードコーディネーター協会「食のマーケティング」分野2級認定
2005年 日本フードコーディネーター協会「レストランプロデュース」分野2級認定
2006年10月 退社後、フリーのスイーツジャーナリストとして独立
2007年11月 チーズも大好きでフランスチーズ鑑評騎士(シュヴァリエ)叙任
2009年 3月 東京製菓専門学校洋菓子専科卒業

【著書】

『東京最高のパティスリー』
『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』
『3つ星スイーツ プロが選ぶ究極の逸品130』
『アフター6のスイーツマニア』

母親は栄養士で、大学の家政学部で教鞭を執っていたそうで、自然と「食」への深い関心と敬意をもって育てられたそうです。関心を持ったことはとことん調べ、自分自身で実際に確かめなくては気が済まない性格だそうです。

学生時代には歴史を専攻し、高校の教員になりたいと思っていたそうですが、アルバイトでパンの販売経験をした際、接客の仕事の楽しさ、やりがいを感じ、販売やサービスの仕事に興味を持ち始めました。

大手メーカーの商品開発やプロモーション、店頭販促などの現場を知り、サポートをさせていただく中で、「人と人とをつなぐ仕事」の2000年、マーケティング会社に入社。

2001年に、自分の好きなことを介してコミュニケーションの場を作りたいと始めたサイト「幸せのケーキ共和国」を通じて様々な人脈も広がり、2002年の『TVチャンピオン』番組出演が大きなきっかけとなり、「スイーツ」を中心とする食の情報を発信する機会が増えていきました。

フランス菓子から地産地消のご当地スイーツまで、1か月に200種類以上のスイーツを食べ歩くほどのフットワークの軽さでスイーツや素材を追いかけて、日々、国内外を訪ね廻っているそうです。

新聞、雑誌などでスイーツ情報を発信、カルチャースクールや製菓系専門学校での講義、スイーツイベントのコーディネート、商品開発コンサルティング、コンテスト審査員など幅広く活動中です。

 

まだ間に合う2015年コンビニクリスマスケーキとは?続きは次へ

コンビニクリスマスケーキ